19052829 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

綾の光時通信、、、… New! 鹿児島UFOさん

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2011年10月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『あなたを誰にも渡さない…』

内容
2003年春。
東和医科大学に合格した知らせを、
付属病院で働く・池澤雅人(ARATA)から受ける森本直子(榮倉奈々)
「雅兄ちゃんのそばに行ける」
雅人は、実の兄ではなく、父・洋介(阿南健治)の年の離れた弟。
夏休みになると帰ってくる雅人と会うのが楽しみで、
いつしか、、、恋心を抱くようになっていた。

そのころ、病理教室の霧島正(佐野史郎)教授から、
仕事について医師の原田彩(菅野美穂)は、注意を受けていた。
池澤から依頼された調査よりも重要なことがあるはずだと。
しかし彩は、命に関わる問題だと、注意を受け流してしまう。
するとその反論に免じてと、、、それ以上の言及を辞める霧島。
話を聞いていた同僚の医師・細川裕司(山崎樹範)は、彩に話をする。
素行調査をするのが趣味であり、恋人が雅人と知りヤキモチを焼いたのだろうと。


上京して10日。
雅人と会えないことを心配でついてきた母・久子(キムラ緑子)に愚痴る直子。
そんななか、雅人から連絡が入る。「今から、行っても良いかな」
ようやく会えると楽しみに待っていると、雅人は女性と一緒にやって来た。
医学部の同期の原田彩。。。だという。
「相談相手には、僕より良いだろう」という雅人。
その美しさに圧倒される直子だったが、
それ以上に、雅人が彩のことを恋人と言ったことに動揺する。

翌日には、オリエンテーションが行われるのだが、
そんななか、直子の前に彩があらわれ。。。。

敬称略


公式HP
http://wwwz.fujitv.co.jp/mitsunoaji/


脚本は、大石静さん。。。か、なるほど。



大人の恋、、禁断の恋。で、禁断の三角関係

を。。。描くようだ。


今回は、登場人物の紹介そして、人間関係の表現である。

わざわざ『過去』から始まっていることから、
6年後。。。卒業してからも描くつもりなのだろう。

一応。
“恋バナ”としては、主人公の心をシッカリ描いているし
人間関係の。。。色々な意味での危うさも表現され、

オモシロ味はあるのだが。


脚本のせいだけでなく、演出が水田成英さんだということで、
“その手の作品の匂い”がプンプンしている。

いや、しすぎている感じですね。

だって、主人公のひとりに菅野美穂さんを使っている時点で、
残念ながら、他の人たち、影が薄くなっちゃっています。

気がつけば、あれ???復讐モノ?
そんな印象もありますしね(苦笑)


色々なことを描く予定なのだろうが、
この強調のし過ぎが、ブレを生みだし、悪く回らなければ良いのですが。

そう。
最終回になって、、、今作って恋バナだったんじゃないの?ってね。


ドラマとしては、面白そうなのになぁ。。。

公式HPの相関図を見ても分かるように、
明らかに、色々な要素を入れすぎですよね。

もうちょっと絞り込めば良いのに。

これだけの人数を入れて、それも少なくとも2つのシチュエーション。
そのうえ、時間経過まである。

で。そのなかに、三角、禁断でしょ?

どう見ても、ヤリスギだよね。これ。


“女神”でも、ここまでの状態じゃないし。“セカンド~”でもここまでじゃない。
そのほかの作品でも、、、、。。。。。

キャラと俳優のバランスを考えれば。。。。これ、どうまとめるんだろ。

すでに最終回の心配している、、、わたしである。


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/be51a86f9fea96a024fd24a66b6120fa






最終更新日  2011年10月13日 23時58分26秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.