19064361 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

「こころたび」春の… New! はまゆう315さん

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2011年10月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『僕を裏切ったアイツを殺して』

内容
妻の死は、川での事故ではなく、自分のせいによる自殺だと
三田(松嶋菜々子)に告白した恵一(長谷川博己)だったが、
翌朝、子供たちには黙って欲しいと依頼する。
「承知しました」
その後、
あれだけのことをした翌朝だというのに、何事もなく朝食を作り上げる三田。
その朝食をとる恵一たち家族は、、、「イジメ」についての話になる。
希衣(本田望結)が、三田に質問すると。。。。
「人間が弱い動物だからです。
 弱い者を見つけたら徹底的に痛めつけ、強い者がいれば恐れをなして逃げ出す。
 それが人間という動物の本性です。」
と応える三田に、、、唖然とする一同。

そんななか、三田が何でもしてくれると分かった次男・海斗(綾部守人)が、
カンニングさせろと言ったり万引きに誘ったりしてくる同級生の古田に
お灸を据えて欲しいと三田に依頼する。

翌日、古田に命じられ万引きしようとした海斗。
その現場に三田が現れ、古田に殴りかかっていくのだった。
学校に呼び出される恵一。
担任教師(矢柴俊博)の前で、三田は、海斗に依頼を受けたと告げる。
話を聞いたが古田やクラスメートから、
イジメの証言などを取れなかったという教師にも、
「そう言うに決まっている」と海斗。
しかし、恵一は、謝罪し帰宅するのだった。

反省した方が良いと結(忽那汐里)は、海斗を諭すが、
自分は悪くないと言う海斗。
それどころか、まさか三田がそこまですると思っていなかったと話したことで、
さすがに恵一も心配になり始め、紹介所の晴海(白川由美)に相談。
家政婦を交替してもらえることになるのだが。。。。
妙なことを晴海から聞いてしまう。
「あの子は、笑わないんじゃなく、笑わないって、自分で決めてるんですよ」

そんな折、うらら(相武紗季)が学校に乗り込んできたと連絡を受ける恵一。
海斗のクラスメートにうららは説教するのだが、
古田たちは、海斗をイジメのターゲットにし始め、
ついに「学校には行かない」と、家族に宣言する。

が、古田たちは、海斗が通う塾にまで現れ脅迫。
慌てて家に逃げ帰ろうとしたところ、解雇された三田とすれ違う。
「殺してくれないかな、あいつのこと」
「承知しました」

敬称略



一応。。。三田らしさを出すことで、
なんとなく、、、どこかで見たような教師モノドラマ

そんな感じの印象なのだ。


大雑把に見れば、悪くはないとは思いますが、

なんていうか。。。。
殺すわけなんかないのに、“殺す、殺す”と言い過ぎて、

結果的に、セリフで視聴者を煽っているだけの印象になってしまっている。


実際、内容自体も、かなり無駄が多く、
イヤ正確には、“必要性を感じない無駄なネタフリが多い”ですね。

正直、物語の構成に戸惑いが見受けられる部分もあります。

そのため、
上手くやれば、ちょっとした感動的なエピソードになったはずなのだが、

妙に中途半端な印象になってしまっている。


たしかに、細かい部分で、良い雰囲気のトコロもあるんだけどね。
今回のエピソードだけで考えれば、悪くない部分も多々あるし。

それ以外のネタフリが、今回のメインを切り刻みすぎているんだよね。

だから、集中しにくいエピソードになってしまっている。

たとえば、うららが学校に現れた前後なんて、
明らかに違和感がありますよね。


もう少し絞り込んで描けば良いのに。。。。。



しっかし、まさか2話目でこんな状態になるとはね。

悪くない部分が多いというのは、悪い部分があると言うことであり、
決して、良いとは思えない。。ということだ。

大人の事情の恐ろしさが見え始めています。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/0fdf136c38294dc73856c6646b98452b






最終更新日  2011年10月19日 23時11分21秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.