19059263 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

トミカ トヨタ ジャ… New! クルマでEco!さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

科捜研の女 第10… New! はまゆう315さん

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2011年10月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『金欲まみれ美容整形外科に極秘潜入!ナース姿で医師をダマせ

内容
航太郎(谷合純矢)の友達・太一に“おばちゃん”と言われてしまい、
ショックのエリカ(栗山千明)のもとに、戸塚(杉本哲太)から連絡が入る。
“おまえだ!!”
と、、、仕事を始めてからの苦労を訴えようとしたところ、
今回の依頼人・橋本真奈美が現れる。
東原ビューティークリニックに通院を始めたのだが、
東原聡(袴田吉彦)院長の説得で、何度も手術を受け高額な治療費を払い、
そのあげく、顔に傷跡を残されてしまったのだという。

エリカは、ナースとして潜入することに。
やがて東原と医師たちとの会話で、カルテ改ざんのマニュアルがあると分かる。
一方で、謎の女性が、東原の元を訪ねていると分かる。
戸塚、純平(井出卓也)に調査を依頼し、エリカは航太郎のお迎えへ。

翌日。
とりあえず、木村という医師に接近。
マニュアルと裏帳簿を探し始めるのだが。。。。
そんななか謎の女性が、松井百合子(久世星佳)という代議士だと判明する。
松井は医療指導監察官の立場を利用し、東原の不正を黙認する代わりに
賄賂を受け取っているようだった。

そこでエリカは、
「探して見つからなければ、持ってこさせるまでです」と。。。。

敬称略



勧善懲悪モノとして、完全にカタチが出来上がった今作。


今回も、キッチリと悪事を表現しながら、エリカが奮闘する姿が描かれた。

ラストの対決シーンも、なかなか良い感じだし、

航太郎とのやりとりも、栗山千明さんの演技もあって、
ホントに良い感じですね。

全般的に、納得出来る仕上がりにはなっている。



ただし、ここに来て、カタチが出来上がっているからこそ
問題点も浮かび上がってきた感じだ。

たしかに、今回だけを見れば、悪くはないのだ。

痛快だしね。“まさに勧善懲悪モノ”であるのだ。


が。。。潜入時の演出が、ワンパターン。
敵との対決のための“仕込み”=ボイスチェンジャーも、ワンパターン。

ドラマとしての完成度が高いのは認めますが、
ここまで、ワンパターンだと、

本来、“スパイモノ”として必要不可欠な、緊張感が欠けてしまっている。

だって、完全に、先読みできますから!!

先が読めないからこそ緊張感があるんですよね。

ドラマだから、必ず解決できるのは分かっていても、
解決までの“流れ”まで、見えてしまっては、意味がありません。

良い感じになってきているだけに、
もう少し捻って欲しいモノです。

次回も、こんな調子だと、間違いなく飽きます。

完成度の高さが、カタチや演出の妙だとしても、
同じパターンというのは、さすがにどうかと思います。




TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/aceb28f6d3487c52aa620f899e229529






最終更新日  2011年10月21日 01時41分36秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.