19079143 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

イントロ New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2011年10月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『到達!南極大陸』

内容
南極へ向けて出航した“宗谷”と観測隊。
その直後、白崎隊長(柴田恭兵)に星野(香川照之)が“越冬”を懇願する。
だが、向かっている先が接岸不能の地と言うこともあり、
遭難もありうる場所であると、白崎は許可しない。
倉持(木村拓哉)もまた、これからの日本を見据えた上で勝負すべきと進言。
すると氷室(堺雅人)は国策として動いている以上、失敗は許されないと伝える。
挑戦すべきと言う鮫島直人(寺島進)。。猛反対の通信士・横峰新吉(吉沢悠)
中には、ひるむモノもいて、意見はバラバラだった。

それでも星野は白崎に懇願するのだが、越冬の意味を理解しながらも
隊員たちにの結束力の無さに言及する。

南シナ海を進む宗谷は、台風に巻き込まれ、、、その後、暑さに苦しむなど
隊員たちの苛立ちは深まっていき、ケンカまで起きるようになるのだった。
やがて極秘だった越冬の情報が政府に漏れ、厳重注意の伝聞がもたらされる。
絶望感を感じる倉持。

そんななかクリスマスとなり、星野が気分を盛り上げようと隊員たちとともに
酒を酌み交わそうとするのだった。
ちょうど、横峰の妻・奈緒美(さくら)の陣痛が始まった報が入り、
出産の前祝いを兼ねたものになるのだが、
突如、大きな音が宗谷に襲いかかる。荒れ狂う波が、直撃したのだった。

混乱する船内。気を失うものも続出し、、ついに犬舎にも被害が及び。。。


敬称略


トラブルと言っても、船全体に及ぶトラブルなので
トラブル三昧も仕方ないのかもしれませんが、

いくら何でも。主人公様、あっちにも、こっちにも、顔を出しすぎ!(苦笑)

途中なんて、『任せる』なんて言葉も登場し、
だったら初めから、いる必要無いんじゃ?
それって見捨ててるのと同じじゃ?

そんな印象もあったのも事実。



結局、トラブルを一緒に乗り越えることで、
『隊員の結束』を描きたかったのだろうが、

トラブルを乗り越えていると言うより、
トラブルが多すぎて、メリハリがなくなり、ただただ騒がしいだけの印象である。

乗り越えるなら、せめて一つ程度にして欲しかったものだ。

いや正確には『盛り上げる』ならば、一つであるべきである。

盛り上げるとは、平穏な状態などがあるからこそ、
何かがあり、解決したときに、盛り上がりを感じるのだ。

今作の描き方では、今作の『平穏』は
『トラブル』=『盛り上がり』という異常事態だらけを意味する。

たとえ、困難だらけだった事実があったとしても、
平穏がなければ、異常事態は異常事態とはならない。

最終的に
気がつけば、隊員たちが協力してるのかどうかさえ分からない状態で、
主人公がひとり、ドタバタしているだけだしね。


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/28892cc75c67584bd69515cb1f65dba6






最終更新日  2011年10月23日 22時11分05秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.