19042837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

北海道150周年記… New! はまゆう315さん

小柳ルミ子さんなつ… New! 俵のねずみさん

なつよ、恋の季節が… New! ひじゅにさん

永遠のニシパ ~北海… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

お散歩 New! うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… New! 鹿児島UFOさん

総アクセス900万… ショコラ425さん

今日の収穫 (7月… BROOKさん

チャリウッド YOSHIYU機さん

2011年11月03日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『感動の脱走劇!!裏切りと少女の涙…事件の真相とは』

内容
九州の刑務所を脱獄したアタル(市原隼人)龍之介(塚本高史)
空哉(上田竜也)そして瞬(菅田将暉)の4人は、
途中で、虐待を受けていた宮本サクラ(熊田聖亜)という少女と出会い、
フェリーで四国へと向かう。

松山に到着し、空哉の提案で温泉に向かうことにする5人。
まだ追っ手は来ないであろうと。
しかしテレビで、誘拐犯となってしまっている事実を知る。

一方、アタルの事件について再調査をする柳川(渡哲也)は、
被害者の刑事が、女と言い争っていたという新たな証言を得ていた。

そのころアタルを追跡する鬼塚修造(嶋田久作)刑事は、
4人の逃走経路をあたり、携帯の紛失情報を得るのだった。
そして携帯が、松山で使われたと分かり。。。。。。

そんななか逃走資金を握っているサクラが、財布を落としてしまい、
アタルとサクラ。。。。龍之介、空哉、瞬のふたてに分かれてしまうこと。。。。

敬称略


あいかわらず、
『脱獄』だというのに、ほとんど緊張感が無い状態。

ま、
大人の事情も含めて、それが今作の作風なのだろう。

その時点で、間違いなく期待を裏切っているんだけどね。



いっそ、脱獄話ってことにせずに

犯罪組織の陰謀に巻き込まれて、逃走する話で良かったと思いますけどね。

無理して無実がどうかと、描く必要も無いし。


基本的にあり得ないのは、
現在の状況などを表現するために、回想を含めた
それぞれのエピソードを盛り込みすぎてしまい、

逃走劇のハズが、『逃走』に見えないと言うことなのだ。


初期の設定次第では、いくらでも面白くなった可能性が高いだけに
なんだかねぇ。。。

今回のエピソードにしても
無駄さえ省けば、

悪くない感じで、、、ひとつになるお話なのになぁ。。。
重ね方も、意外と良い感じなのに。

う~~~ん。。。。
設定が、足を引っ張っている。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/69cc49891da109cf4110276f9472b33e






最終更新日  2011年11月04日 00時01分46秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.