19075370 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

宮迫と亮君のこと New! はまゆう315さん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

究極のMYO(マヨネー… New! クルマでEco!さん

愛という名の欲望>… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2011年11月17日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『クリームシチュー』

内容
今日はクリームシチューをマスター(小林薫)は作っていた。
ニオイに惹かれてか忠さん(不破万作)たち常連さんが次々と
クリームシチューを注文していく。

やがて小説家の鈴木(吹越満)が、編集者(町田水城)とともにやって来る。
妻や娘を捨てて10年近くの鈴木なのだが、利用すればとアドバイスしても、
どうも次の構想が浮かばず、そのまま出て行ってしまう。

直後に、キャバ嬢の花(朝倉あき)が、客の鉾田(徳井優)と現れるのだった。
鈴木が食べなかったクリームシチューを食べた花は、
母(宮田早苗)が作ったクリームシチューの味を思い出したと話を始める。
幼いころ父が出て行き、それから何か変わってしまったという。

その後、内定が決まったと大喜びしていた花だったのだが。。。。。。

敬称略





ちょっと偶然が過ぎる部分が、幾度も登場するが、
ドラマなので、これくらいかな。。。。


お話は、

深夜食堂のクリームシチューが引き合わせた親子のお話である。


まあ。。。明らかにバレバレの展開なのだが、

それでも、良い感じで流れの中で、描いた。。。と言うべきかな。


ただ。そのドラマティックな展開自体は、
かなりキレイに収まっているので、これはこれで良いと思うのですが。

さすがに『偶然』がねぇ。。。

ここですよね。

確かに悪くは無いのですが、ここまで積み重ねてしまうと
鼻につくというか、違和感になってしまうんですよね。


実際、部屋に行くと言う偶然を表現しなくても、
客と一緒に深夜食堂に現れ、そこで修羅場が発生しても話は成立するのだ。


それを、

“すれ違い”にはじまり、その後のバレバレな話。
“客”として出会っただけで終わっていれば良かったのに、

最終的に、面接だ。

ココまでくれば、さすがにねぇ。。。

これはすでに、ドラマティックではなく、“あざとさ”ですよね。


原作がどうかは知りませんが、

もう少し整理した方が良かったでしょう。


良い雰囲気のトコロも多かったんですけどね。

たたき合いの部分なんて、そんなところだし
母にしても同じ。手のひらも。

要素はあるのになぁ。。。。


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/16f36e91b594bd9f0bd307cef6a84881






最終更新日  2011年11月18日 01時42分02秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.