000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

すごい準備 誰でもで… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

麻子退場>『なつぞ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「東京喰種 … New! BROOKさん

THIS IS U… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2011年11月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『ベムベラベロ誕生の秘密…さよなら妖怪

内容
緒方教授(あがた森魚)から呼ばれるベム(亀梨和也)ベラ(杏)ベロ(鈴木福)
家の掃除をしていたところ、
ベムたちが持っている新聞記事の写真と同じ人物の写真を見つけたのだという。
ようやく“光”が見え始めたベムたち。
そんななか夏目刑事(北村一輝)と再会したベムは、
夏目の様子が何かおかしいと気づき、声をかけるのだが、
やはり、何かが妙だった。

一方、街では警官が襲われる事件が頻発していた。
その捜査をしながら、先日のベムたちの“本当の姿”が、
どうしても忘れられずにいた。
そんな折、ベムたちが、警官襲撃事件の第一発見者となったと知った夏目は、
思い切って、ベムたちがいると思われる付近を調べはじめる。
そしてついに住んでいると思われる場所を見つけてしまう。

そのころ、ベムたちは、優以(杉咲花)がなくした石を探し続けていた。
父からもらった大切なモノらしい。
そして、、、、ようやく見つけ、大喜びのベロ。

そんなとき緒方教授から再び呼び出しを受ける。男の素性が分かったと。
なんと、緒方の先祖であり異端の生物学者・緒方晋作(柄本明)だった!
すぐにベムたちは、渡された住所を訪ね、晋作の古びた研究所を発見する。
「せめて、生きてさえいれば。。。。」
と、そこに夏目があらわれる。
もう一つの姿を見たことを告白する夏目は、
どうして良いか分からず、それでもベムたちを信じたいために
真実が知りたいという。
すると、ベムたちは、森で気づいてからの全てを話し始める。。。。。


敬称略


「きっと俺達は、人間として生み出されるはずだった存在なんです。
 でも失敗作だった。
 感情が高ぶると本当の姿に戻ってしまう。あの醜い姿に。
 それだけじゃありません、俺達は年もとらなきゃ、死ぬことも出来ない。
 ずっと彷徨いながら生きて来ました。
 ただ人間になるための方法を探して。
 俺達は、ただ、、、普通に暮らしたいだけなんです。
 。。。。。
 こんな俺達でも人間の役に立てるならと、たとえ正体を知られたとしても
 助けを必要とする人間を見過ごすことは出来ない。
 そんなことしたら、俺達は、ただの妖怪になってしまう。
 それが、俺達の生きている意味だと信じて。
 。。。。。
 もうお別れですね。感謝しています。
 あなたたち家族は、日陰でしか生きることの出来なかった俺達を
 温かく迎え入れてくれた。
 あなたたちのおかげで、この街で過ごしてきた時間が
 とても幸せに思えた。
 あなたのおかげで、もっと人間になりたいと思えた
 ありがとうございました。」



今回は、

ついに、夏目に正体がバレてしまった!!

その後。。。。のお話である。


細かい演出なども、なかなか良い感じでしたが。
流れが、ホントにスムーズでしたよね。

これだけの怒濤の展開なのに、
飽きさせず途切れることなく、一気に描ききった感じですね。

感情表現も秀逸でしたし。


個人的に気に入ったのは、
「最後」と思い、、、綺麗な街を見つめているときに、
ベムたちが、夏目の危機を知ったこと。
ですね。


もちろん
ドラマなので、都合良くなのは確かなのだが

こう言うのってタイミングが重要で、

お互いの気持ちが、良い感じで交差した直後だからこそ、
その後、助け合ったことに、意味が生まれます。


そして、

「なぜ、気づけない、人間に生まれた幸運を!」

と、、、あとは、ある意味ベタと言えるのだが、
それでも、
ホントに丁寧に夏目との関わりを描いたと思います。

「あなたたちは、誰より、人間じゃないですか」

涙するベムたち。

ほんとに、感動的な物語に仕上げてきた今回のお話でした。




それにしても、

前回は、「この序盤でバレテどうする?」という不安がありましたが、
まさかここまで、綺麗にまとめてくるとは思いもしませんでした。

事件を絡め、正体を絡め、
それぞれの感情をシッカリ描ききり、、、

ついに、謎の男の正体が判明である。

ドラマとネタフリのバランスが絶妙ですよね。

どちらかに傾けば、面白くないし。

今作の表現力、底力を見た感じである。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/5c949495471d586cc6ba6eeb515ef165 






最終更新日  2011年11月19日 21時57分28秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.