000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

刑事一代 平塚八兵… New! はまゆう315さん

2020年の24時間マラ… New! クルマでEco!さん

夏のいろいろ part2 New! 俵のねずみさん

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

ゲリーボーネルさん… 鹿児島UFOさん

『24時間テレビ』ド… ショコラ425さん

敵味方>『なつぞら… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

TIF 対 NHK YOSHIYU機さん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

2011年11月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
鈴木(江口洋介)は、湯田(内野聖陽)を知人のクリニックに監禁する。
そしてガラスビンを手に取り、クーデターを諦めるようにと要求。
飲めなければ、2人で死ぬだけだと。
しかし湯田は拒否。
「日本は狂気の人間にしか変えられない。そういう国になってしまったんだよ」

同じ頃、湯田に何かがあったと考える秘書の山崎。
状況に気づいた市村国家公安委員長は、三枝総理(江守徹)の了承を得て
特殊部隊をクリニックへと突入させるのだった。

そのころ、翔子(板谷由夏)をおとりに使い、
ようやく鏑木(小澤征悦)を確保した神林(上川隆也)
が、、、そこに公安の職員(神尾佑)がやってくる。

そして太刀川(山本耕史)は、丸子(矢田亜希子)に“真実”を伝えていた。

そんななか、朝を迎え。
松永(泉谷しげる)は、香恵(福田麻由子)とともに。。。。ある場所にいた。

敬称略



ヒトコトで言えば、
“公安”というキーワードで一気に片付けた感じですね。

前回まで、あらだけの大騒ぎだったのに、
綺麗に片付きすぎて、驚いています。

まあ、、、、落とすべきトコロは、こんなトコロだったでしょうけどね。



ただ、やはり思うんです。

ガン治療、食糧問題。。。に比べると、
かなり無理して、規模を大きくしすぎたと思うんですよね。

たしかに、前作2つは、世界的な規模のものになったが
今回は、
政治と医療がかみ合わないというか。。。。
妙に曖昧なままで、規模を拡大。

それこそ、治療を受けなくても、
仮に事故の後遺症か何かで豹変して。。。。ってことでも成立したわけで。

それが証拠に、鈴木のポジションが、かなり微妙。
いてもいなくても良い感じだったんですよね。

そんな違和感があるのに、中心に置いた。
それどころか、

主人公を、それ以外にも置いたカタチにしたことで
並列して物語を進めすぎて、

描こうとしている部分が曖昧になってしまった感じ。


ドラマ自体は、それぞれの部分では、オモシロ味があったのだ。

が、
かみ合わないまま、無理矢理に揃えて、片付けた感じである。


鈴木、神林。。。それに直接的に関わる人物を排除し、
湯田だけでも、成立した印象が強い。

もちろん、その場合、鈴木のような存在は必要になるのだが。



しっかし、もう少し整理できなかったのかな。

流れは間違っていないのに、主人公が多すぎたことが
ぼやけた印象になったんでしょうけどね。。。






TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/129ebcba3c16b5dd10959c65841c2341






最終更新日  2011年11月20日 22時56分11秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.