19079219 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

THIS IS U… New! はまゆう315さん

イントロ New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2011年11月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『愛娘を殺された父の涙…絶望が生んだ悲劇』

内容
ある日のこと、権藤(谷原章介)にディナーに誘われた黎(米倉涼子)
“絶対に裏がある”と考える黎だが
「事件は犯人逮捕で終わりじゃない」と告げる権藤は、突然、帰ると言い始める。
サッパリ意味が分からない黎だったが、、なぜか、金も払わずに。。。
クレーマーとの話し合いの席に同席して欲しいと言われ、待機していたという。
そう、、高いシャンパン代、、、2万は、、権藤のポケットへ。。。。。

翌日。金を失ったこともアリ、気合いが入る黎。
新しいターゲット。。。。として、3年前のコンビニ強盗殺人事件に決定!
アルバイトの中村貴子(戸井智恵美)が殺された事件で
犯人は井上恒雄(小須田康人)。
警察からの懸賞金100万だけでなく遺族から私的懸賞金が200万もあった!
気合いが入る黎たち。

まずは。。。と貴子の両親から話を聞くことに。
父・信夫(吹越満)は、無理にバイトへ行かせたことを後悔して涙する
母も無理矢理に行かされ不機嫌そうな娘の顔が、最後だと。。。
苦悩を知る黎と純(桐谷美玲)

一方で、和美(堀内敬子)真知子(戸田恵子)がネットで調べると
貴子への誹謗中傷だけでなく、
犯人の妻や娘・笑美(竹富聖花)に対する酷い書き込みもあった。
さすがに、真知子も加害者家族へ同情をする。
手がかりを捜すため笑美の中学校を訪ねるが、すでに転校していた。
かなりのいじめに遭ったよう。

どうしても手がかりがつかめず、元刑事の大岩(柄本明)のアドバイスで、
犯人がふるさとにいる可能性が浮かび上がるのだった。

そんな折、権藤が、、、あろう事か女子高生と一緒にいるところを見てしまう黎。
。。。。。顔は、まさか、笑美!?
橋本梨沙だと名乗って去って行くが、権藤を問いただすと、
「この事件には関わるな、彼女には近づくな」と黎は厳命される。
かなり親しいことからん、何かがあると考える黎だが。。。。

同じ頃、フライトで福岡に向かっていた機内で純は、中村夫妻と遭遇。
福岡で目撃情報があったという。
福岡ステイだったため、チラシ配りを協力したという純。
夫妻の前に、初老の女性が現れ、土下座されていたらしい。。。。。


敬称略



“事件は犯人逮捕で終わりじゃない。”

妙なことをつぶやいた権藤が、気に掛かる黎。
そんな折、新しいターゲットを決め、犯人や関係者を追ううちに、
なぜか、権藤と遭遇してしまう。。。


まあ。。。そんなところだろう。


しっかし、ハンター。。。設定を利用しているが、
どちらかと言えば、シリアスな刑事モノドラマ。。ですね。

実際、視聴者向けの状況説明などで、黎たちは行動しているが、
ドラマの中の状況に振り回されているという印象が強く、それ以上では無い。

最終的な“事件”いや“事故”についても、言ってみれば目撃者。

主人公が主人公として機能していない印象である。


ただ、その部分を横に置いておけば、
今作自体は、“かなりの変わり種の作品”ですので。

よくある、脇役キャラをメインにした物語でアリ、
そういう意味では、悪くない物語には仕上がっていたと思います。

物語自体も、加害者家族、被害者遺族の苦しみを
それなりにシッカリ描いたお話だったと思います。

「みんな被害者や加害者になる可能性がある」

今作らしさで、上手く描いた。。、、、、意欲作。。。だったと思います。




個人的には、頭を切り換え
一種のオムニバスだと思って視聴しているので、
これはこれでokだと、、、かなり甘めで見ています。

ただ、せめて、権藤と少女の関わりを
もっと密接な「きっかけ」などであれば、
権藤の気持ちももっと前に出たんじゃないのかな?

なんていうか、ほとんど偶然ですよね?

生活安全課。。。なのだから、いっそ、
何らかの相談に来ていた。。。とか。。。そう言うので良かったんじゃ?


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/8db53b2baac2a7274e9d2f9b55a401f3






最終更新日  2011年11月22日 23時40分44秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.