000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

ネタバレ【ひよっこ… New! ショコラ425さん

ソースさんの恋  … New! はまゆう315さん

帯ドラマ劇場『やす… New! くう☆☆さん

劇場鑑賞「ハクソー… New! BROOKさん

親バカと中二病と戦… New! ひじゅにさん

綾の光時通信:ヤバ… New! 鹿児島UFOさん

SEKAI NO OWARI 買い… New! クルマでEco!さん

ばらかもん 15巻 ド… みやさとver.さん

スマホから先に画像… 俵のねずみさん

アイドルと観覧車 YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2011年11月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想


『希望』

内容
床に伏せる本多正信(草刈正雄)は、臨終間際に、
政治にはいっそうの厳しさが必要になってくると秀忠(向井理)を諭すのだった。
そして、ある“隠し事”についても言及する。

その後、秀忠は、一同を集め、竹千代(水原光太)を世継ぎとすると発表。
皆が協力しもり立てていくようにと伝える。
そして千(忽那汐里)にも、嫁ぎ先を考えていたと江(上野樹里)に告げ、
江と秀忠が説得して、、、嫁ぐことが決定される。

それから秀忠は、幕府を強くしようと邁進。
諸大名の取りつぶしや国替えを続けていくのだった。
江は、秀忠を諭そうとするが、泰平のためと聞く耳を持たず。

そんななか秀忠の隠し子の噂が福(富田靖子)常高院(水川あさみ)の耳に届き
ついには、江が知ることに。
怒る江。。。。。。


敬称略





今回も、総括気味で


結局、キャスティング&スタッフが発表された時点で、
この体たらくは、想定内だったわけで。

まあ。。。初回から、そのまま、最終回までやりきった感じだ。


最大の問題は、
何を描くのか、決めている様子が無かった事だろう。

既存の戦国時代劇とは、一線を画そうとしたためか、
戦いがメインの時代なのに、戦いをほとんど描こうとしない。

その“こだわり”自体は、作者のポリシーだろうから、それはそれでいい。

だが“戦い”=“政治”と言って良い時代なのだから、

だったら、主人公の政治介入も辞めるべきだったのだ。

これが今作の最大、最悪の問題点である。


そういった、筋が通っていないことをするから、違和感を生み出し
オモシロ味が無くなっていくのだ。

かろうじて“大河ドラマ”という看板だけで、数字がキープできた。

というところであろう。


実際、それ以外にも問題はたくさんある。

たとえば、昨今のドラマのように、
俳優の名前だけで目を惹こうとしたフシも見受けられこと。

これもまた、今作の大きな問題点。

その様な行いが、数字だけでなく、評判に繋がらなくなっていることは、
ここ数年、加速度的に、一般には認識されていることである。
しかし、今作だけで無く、いまだにそういった“愚行”を繰り返す作品が多い。

ほんとは、その部分では無く、
シナリオが、最も重要であるのは言うまでも無いことなのだ。

この10月に始まったドラマなど、その“差”が顕著に表れている。
数字だけで無く、評判にも。

それこそ、NHKの朝ドラなど、
失礼ながら、名前だけで大衆受けするような俳優さんは少ない。
しかしそれでも、評判がそこそこ良いのは、
悪くないシナリオ、それを引き立てる俳優さんと演出。。。そしてスタッフたち。
それらが上手くかみ合っているからである。

目の前に良い例があるのだから、もう少し大河も見習うべきである。

いや、このようなことしか出来ないならば、

大河は、1年という長い放送期間という看板を下ろすべき。

いっそ、2クール6ヶ月でも、良いと思います。


それでも1年続けるならば、
もっと、何を描くのか?を考え、
描く必要の無いようなことを無駄に描かないようにしてもらいたい。

そしてシッカリとした

“これぞ、大河!”

と言われるような作品を作ってもらいたいモノである。




かなり脱線をしていますが。もとにもどって。

今作の問題点をもうひとつ、書いておくことにする。

描く必要の無いようなことをたくさん描いたこと、である。

主人公が江ならば、歴史を知っていれば、誰を描くべきかは自明。

浅井長政など不必要だし、織田信長も必要無い。千利休も同じだ。
ホームドラマを描きたいなら、
市、茶々、初との関わりを先ず描けば良かっただけ。

そこで、1クール消費すべきだったのだ。
そうすれば、江の妙な言動や“愛情表現”などにも理由がつけられ、
違和感も消えるのだ。

この前提を描かないモノだから、全てが崩壊したのである。

で、、、、描いたのは、最も不必要な“政治”

まさに、作者のセンスを疑う部分であろう。
誰が協力していようが、無関係。

思い出せば、分かるハズ。。。。同じ作者の『篤姫』が、どうだったか?を。


秀忠『政には口を出すな』

遅すぎる一言である(苦笑)





最後にもうヒトコトだけ。

あまり、こういった言及はしないのだが、
歴史の詳細を知らないなら、知らないでそれで良いと思うのです。

それは、作者、スタッフ、、そして視聴者も。

だったら、“なんとなく”背景で歴史を描いておけばok。
ナレ、、、だとか、会話の一部で十分である。
そして歴史のことなど考えずに、
歴史上の人物を使ったホームドラマを徹底的に描けば良かったのだ。

だって、時代の主人公では無い女性を主人公に据えているのだから!

そうすれば、きっと、
“そういった作品”だという認識となり、それなりに納得出来たハズ。

あれもこれもと描こうとして、散漫とするだけで無く、
無茶して、一部の俳優を目立たせようとするから、

こんな事になってしまったのだ。

あまり無理をしないこと。。。

そうあって欲しいモノです。


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/ff546c1c9dad7170088a65d46a7969ad







最終更新日  2011年11月27日 19時09分03秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.