14935696 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

『フランケンシュタ… New! くう☆☆さん

ズバリ言うわよ! … New! 鹿児島UFOさん

NHKのど自慢チャンピ… New! はまゆう315さん

試写会「メアリと魔… New! BROOKさん

SPEAK ENGLISH WITH … New! クルマでEco!さん

ばらかもん 15巻 ド… New! みやさとver.さん

アプレ娘登場>『ひ… New! ひじゅにさん

春ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

スマホから先に画像… 俵のねずみさん

アイドルと観覧車 YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2011年11月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『想いが止まらない!?空回りな恋の行方!?』

内容
武居(小柳友)の剣道の試合中に、恵美(香里奈)は、
様子がおかしいと聞いた優(田中圭)のいる会社へと向かい、2人で酒を。。。

準優勝に終わった武居は、恵美が鍵を落としていったと知り、会社へと届けるが、
そこで、優といっしょにいるところを見てしまう。
翌日、恵美は、武居から別れと切り出され、、、恵美は何も言えなかった。

同じ頃、拓海(萩原聖人)と美鈴(稲森いずみ)の関係を知ったあとも、
“不倫”では無いと言い聞かせ咲(吉高由里子)は、拓海と会っていた。
そんななか、あるコトを告白される。

そして真子(大島優子)は、木崎(中村竜)と山本(平岡祐太)との噂が広がり、
契約を打ち切られてしまう。
そのうえ山本からは。。。。


そんなおり、大きなライブの照明という大きな仕事を手がけることになり、
そのチーフとなる恵美。

一方、失意の中、ふと立ち寄ったレストランで食事をし、涙する真子。

そして咲は、キャバクラへ出勤することが少なくなり、
拓海とのデートを繰り返していた。
が、、、ついに。。。。

敬称略



これ、、何話まで放送するつもりか知りませんが、

ここにきて、本格的に三角関係ですか!?

この時点でそういう展開に持っていったことに、かなり驚いています。

っていうか、、今作始まって以来、『初』の、、、次が楽しみの展開?


そのうえ、驚くべきコトに、
先日、“かなり無茶なキャンプ”をやったというのに、
ここに来て、、、、また!?

ビックリするよね。これ。

そういう展開を、二度としないと思っていただけに、
これまた、驚いてしまいました。

これ、ココですることなんだね????

結局、ただの情報伝達の場という、前回と同じだけどね(苦笑)

微妙なやりとりを描かないなら、
誰かと誰かが話しているところを、偶然聞いてしまうだけで良いよね???

ワザワザやることか???




とりあえず、あれもこれもと描いているが、
“結末”へ向けて動き始めたようである。

なんだか、捻りも何も無いような展開のようだけどね。


別に、捻って欲しいと言っているのでは無い。

出来れば一つの恋バナを丁寧に描いて欲しかった。。。と言うことである。

たとえば、恵美をとりだしても、
恋になっているのかどうか分からないまま、なんだか恋愛している雰囲気。
で、気がつけば。。。。

真子なんか、じゃ、なぜ別の男を?なぜ、妹を?、、、な感じだし。

咲に至っては、拓海は良いとして、美鈴の絡みが甘すぎる状態。


どれもこれもが、表面的で、浅いんですよね。

もう1歩描けば、のめり込めそうなのに、
浅すぎて、のめり込ませてくれないのだ。

“共感”するかどうかというのが、ドラマには良くあることだが。

それは、どうだって良いんですよね。

重要なのは、どこまで描き込んだか?である。


個人的には、それぞれのエピ。。。キライじゃないんですよね。

ただ、録画をしている番組を、早回しで見ている印象で、

“もう少し見たい!”と思っても、すでに次に進んでいるんですよね。


今回、唯一。。。良かったと思えたのは、ルームシェア部分。
家に帰ってきた咲と、恵美が言い合いをするシーン。
その後、真子も加わり。。。

久々だよね(苦笑)

本来は、この部分を表現することで登場人物の隠された心を表現し、
ドラマとして“間”を作り出すとともに、
ドラマにオモシロ味を。。。今作らしさを生み出すのだ。

これが無い状態だと、初期設定を無視しているのと同じでアリ、
“らしさ”“面白さ”は、皆無と断言しても言い。


最終回に向けて、やっとエンジンがかかり始めた印象ですね。


最後に。どうでもいいこと。
今回が、こんな状態なら、

初回と、、、第2、3話の途中までと、今回だけで良いと思います。

一応、色々やって来て“変化”を描いて来たのは認めますが、
なんかねぇ。。。ホントに認めて良いのかどうかがビミョーですので。

これ、2本くらいに絞り込んで描いていれば、
もっと面白く感じることが出来たと思います。

描き過ぎなんだよね。。。これ。

それも“無駄”をあまり描かないのが問題で。

ホントは、ドラマって“無駄”があるから、引き立つ部分ってのもあるんですよね。
最近では“無駄ばかり”ってのが、目立つのですが。

今作の場合、
仮に4人主人公だとすれば、他の3人のエピが“無駄”なのだ。
必要なモノのハズなのに、無駄なエピになっている。

そう、無駄では無い無駄。。。。短編集?状態なのだ。


かといって、補完し合ったり、互いに必要だったりしているわけでも無く。
そこがドラマとして迷走を招いてしまっている。

こういう作品なら、本来は“補完”のはずなんだけどね。

それが、、、3人の家のハズなのに。。。。。。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/acb0af56abefa9b17514cd3a0fd12cf9






最終更新日  2011年11月28日 22時09分50秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.