19064247 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

博多弁の女の子はか… New! はまゆう315さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2011年12月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『招かれざる客』

内容
ある日の夜。翔(要潤)が家を出ていくのが気になる陽介(市村正親)は、
つい、怒鳴りつけてしまう。
節子(岡田奈々)によるとアルバイトらしいが。。。
翌朝、朝食に顔を出さない翔に陽介は不快感を表す。
そんな身勝手な父に準(吉岡澪皇)が、“かわいそう”とつぶやき、
それを有沙(佐津川愛美)がフォローしようと
自分のコトを話そうとするが、再び陽介は否定的なことを言う。

そこに翔がやってくる。役者になるため劇団に入ったと告げる。
すると「なれるわけがない、現実をよく見ろ」と怒鳴りつける陽介。
結局、2人は大げんかになってしまう。

そんななか、妙な男(TETSUYA、重松隆志)たちがやってくる。
翔の友達だと言うが、いきなり家に上がり込んで、ソファーで鉛筆削り!?
明らかに怪しい男だと陽介を留め、牧野(石倉三郎)が対応することに。
なんと、翔が、親分の女に手を出したと言う。慰謝料を出せと。
するとそこに陽介が現れる。
「そんな金を払う必要は無い!」
追い返そうとするのだが、マスコミにばらすと脅してくる鉛筆男・雛形龍三。
が、まったく動じない陽介は、早く立ち去れと命じるのだった。

そのタイミングで、翔が帰宅し。。。。事態を見て謝罪を始めるが。。。。

敬称略


今回は、樫田正剛さん。



こんなんで良いのかよ。オヤジにこんなコトさせやがって!
2度とこんなコトさせんな!!



少し後出しじゃんけん気味ですが、

翔の態度に怒るやくざ者vsキング陽介

ぶつかり合いから、最終的に親子愛の物語に展開していくなど

悪くは無いお話だったと思います。


問題があるとすれば、

行間から、何とか読み取れるほどだが、やくざ者がねぇ。。。。

正体。。。背景が見えなさすぎるのが、
ドラマのオモシロ味を少し削いでいる感じかな。

たしかに、最終的に、綺麗にまとまっているし、感動的。
後出しも悪くないが。

結局、後出しに見えてしまう。。。。俳優の。。。。だよね。。

鉛筆はともかく、
もう少し熱いセリフが1つでもあれば、違った印象だったかもしれません。

微妙なニュアンスが伝わってきませんよね。。。。


個人的には、かなり良い部類に入るとは思うのですけどね。








最終更新日  2011年12月08日 00時55分54秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.