19081079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

イントロ New! 俵のねずみさん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2011年12月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『隠された発火装置!連続放火、消された指紋の秘密!!』

内容
京都市内の日向証券のエントランスで時限発火装置による放火事件が発生する。
乾(泉政行)は、同じ仕組みを使っていることから3件目の事件と断定。
前の2件は人気の少ない場所での犯行で、今回はオフィスビルのエントランス。
マリコ(沢口靖子)たち科捜研では、エスカレートしていると考え、
“連続放火事件”として捜査されることに。

そんななか街中で、乾は、現場で出会った鑑識班の原口衿果(鈴木亜美)と再会。
その衿果の口ぶりから何かを知っていると感じた乾は、マリコたちに報告。
土門(内藤剛志)たちが話を聞くことに。
ひと月ほど前、同じ大学だった高松史生(石垣佑磨)から数年ぶりに電話があり、
思いつめた声で犯行をほのめかすような話があったという。
高松のアパートを訪ねると、3週間前から行方不明。
家宅捜索で、発火事件の痕跡だけでなく、部品を購入した箱などが残されていた。
その後の分析で、家宅捜索で見つかった基板などが、犯行に使われたモノと一致。

同じ頃、乾は、末期ガンの医師の父・尚仁がいるにもかかわらず、
何も無かったかのように分析を続けていたのだが、
気になったマリコが声をかける。
すると高松の自宅から押収した写真に、
父・由尊(斉木しげる)が写っていないと話はじめ、乾は自分の境遇を話し出す。
父と距離を置いていた自分と重なるモノがあると。

その後の聞き込みで、衿果が高松とつき合っていたと分かり、
もう一度土門たちが事情を聞くことに。
ある事故の弁護人を担当した父・由尊が、明らかに罪の擦りつけを行ったという。
罪を被った工場が、衿果の実家の工場でアリ、それがもとで倒産。
ふたりも別れることになり、大学を辞めていた。
先日の高松からの電話で“借りを返せる”と言っていたと分かる。
証言をもとに、再調査した結果、
3件の放火事件が行われた会社の顧問弁護士を高松の父・由尊が担当していた。
ようやく動機などがわかってくるのだが、
そんな折、発生した新たな放火事件で、明らかな違和感が生まれる。
マリコは、高松の部屋で押収した煙草に付着していた唾液から、
共犯者の存在を指摘し、由尊から事情を聞くと。。。。思わぬ事態が!!

敬称略



かなり無茶をしていますね。

乾と容疑者を重ねるのも悪くないのですが、
それを重ねようとするあまり、

“いつも”なら存在しない乾が、あっちにもこっちにもと頻出。


土門と科捜研の役割分担が、シッカリできていて、
刑事モノとして悪くないだけに、
ちょっと無理をしすぎた印象ですね。

実際のところ、ここ数年で言えば。

土門の妹、マリコの父。。。。の時なんて、
ココまでの強引さはなかったというのに。

その部分さえ除けば、

ミスリードも含めて“科捜研の女”らしい、
良い感じのエピソードだったと思います。

捜査し、科学分析、捜査し、科学分析
やがて分析から、新たな証拠を発見し、全てがつながり、真犯人が!!

こういうのだよね。科捜研の女の面白さって。

動機がどうとか、犯行の手口がどうとかも、刑事モノなら重要だが、
あくまでも“科捜研の女”は、科学的な分析から真相にたどり着くことが重要。

聞き込みをしたり、動機を探ったりは、別のお話なのである。

良い感じで、表現すべきコトを表現して、
ドラマを楽しませてくれたと思います。

結果的に、みんなで事件を話し合うのは、これはこれで刑事モノとしては真っ当。


ようやく“本来のカタチ”になったような気がします。


それにしても

ココで退場させて、どうするんだろ。

たしかに、少人数のほうが、役割も今まで以上にハッキリするし、
俳優も目立たせることも出来るのだが。

人数が少ないと、
パターンにはまってしまうことも有り得ますし。

どうするつもりなんだろ。

やはり、新メンバー?


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/6711a6f52d7927eb15208a2d7876537e






最終更新日  2011年12月08日 20時56分16秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.