19081288 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

イントロ New! 俵のねずみさん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2011年12月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『行かないで!!私達のクライマックスへ!!』

内容
優(田中圭)からアメリカ行きを誘われた恵美(香里奈)
突然のことに、戸惑うが。。。。答えはあとで良いと優は去って行く。

一方、拓海(萩原聖人)と話をするため待ち合わせをした咲(吉高由里子)
しかし現れなかった。そこでキャバクラを辞め、出版社でのバイトを始めた咲
同じ頃、妊娠検査薬を買った真子(大島優子)だったが。。。。

そのころ。拓海は美鈴(稲森いずみ)の体調不良で、付き添っていた。
そのことを咲に伝え、会わない方が良いのではとアドバイスする恵美。

そんななかどうして良いか悩む恵美は、咲と真子に相談する。
引き抜き話もあり、どうして良いか分からず。
咲と真子は、とりあえず優に好きだと伝えるべきと恵美に告げる。


翌日。優のアメリカ行きが拓海から発表される中、、
恵美は拓海に咲のことを伝える。
「これ以上、咲のこと傷つけないで下さい」と。。。


敬称略


自分自身に心配事や悩み事をたくさん抱えている3人。

抱えているんだよね?(苦笑)

そんな疑問を感じるほど、

3人は、それぞれ悩みを打ち明けるだけでなく
アドバイス役にもなってしまっている。

ほんとに悩んでるのかな???

特に、“メイン主人公”の恵美なんて、(←あえてメインをつけています)
色々な問題を抱えながら、

あっちこっちでアドバイス!!

絶対、悩んでませんよね!?


何かを抱えながら、アドバイスするのは間違っていることではない。

ですが、ココで問題なのは、

それぞれが抱えている悩みは、“恋”なのである。

あの~~~~~、、、、、恋愛下手の恵美がアドバイスですか???

他の咲、真子、、、ついでに拓海なら、理解出来るが、

恵美だよね??

いままでの。。。今作始まって以来の恋愛遍歴を考えてみれば、

アドバイスできる立場なのか???

自分自身でも恋に悩み、、、ついでに仕事まで加わっているのに!?


たとえ主人公であっても、やって良いことと悪いことがあると思います。


その部分の超越的な違和感を除けば。

咲のことも、真子のことも、結構いい感じだったと思います。

それぞれに、悩み考え、そして
自分が出来る範囲で行動して、アドバイス。

この2人なら、素直に納得出来るのになぁ。。。。

そのポジションが、シッカリとセリフになっていますよね。当然のことだけど。


それに比べて恵美。
違和感を横に置いておくと、
序盤から中盤過ぎまで、まったく物語が動いていないんですよね。

極めつけは、序盤で優が言ったセリフが、中盤で再登場。

瞬時に、口から。。。。。“アホちゃうか?”と出てしまった(失礼)




それにしても。。。。。

“現実なんて分からないもんよ。誰にも
 たとえ今までね、上手くいかなくても、明日は上手くいくかもしれない
 現実の人生なんて、そういうもんよ
 迷ったら、まずそれが、かけがえのないモノかどうか、じっくり考えるの。
 もしそれでイエスだったら、次は信じるか諦めるかを選ぶ。
 もちろん信じる道を選ぶべきね。
 そうやって真剣に選んだ、かけがえのないモノで、人生って出来ていくのよ。


いきなり登場した恵美の母・淑恵
なんていう、、、ポジション、、、役割なんだ!!(笑)

驚くしかないよね。これ。

本来は、こういったポジションのキャラが存在することで、
ドラマは展開するし、登場人物に変化が生まれるのである。

だが今作の場合、そういったポジションのキャラは存在せず、
いや、存在しないにもかかわらず、無理に周りのキャラで回そうとした。

その究極の状態が、今回の恵美である。


もうすでに遅かりし、、、なのだが。

なぜ、いまさら、登場させたかなぁ。。。。


たしかに。今作。ひとりでも年長者がいれば、違ったのですけどね。
なのに、その役割。。。。のハズの美鈴まで、巻き込まれていたので
まったくドラマにまとまりが生まれなかった。

テーマでまとめるわけでもなく、
ドラマに起承転結を描くでもなく。
3~4人。。。。いや、、5,6人?を並列で、なんとなく描いた。

そら、散漫になって当然だ。

実際。そういったドラマの描き方も存在するが、
ここまで、キャラ自体にブレがあると、散漫な上に違和感が生まれ、

どのキャラで、何を描こうとしているのかさえ、分からなくなるのだ。

だから、オモシロ味も生まれない。

これは感情移入や、共感、、、以前の話である。

なのに、、、感動の最終回????
感動って、感じ入っているからこそ、、、感動するんだよね。。。。


もう、総括になってる!!
ま。いいや!

良いところも多いのに、妙な状態に陥っている今作。

もうちょっと、違和感さえなければ、それなりに納得出来るのに。。。。

TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/5c2f751b900debb1736658966d0169be






最終更新日  2011年12月12日 21時58分38秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.