000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

THIS IS U… New! はまゆう315さん

イントロ New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2011年12月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『真犯人は誰だ?全ての謎が解ける!涙の逃亡の結末…』

内容
龍之介(塚本高史)が殺され、空哉(上田竜也)瞬(菅田将暉)は逮捕された。
そしてサクラ(熊田聖亜)も“保護”され、孤立無援のアタル(市原隼人)
娘のための金を由紀(福田沙紀)に渡さなければ。。。手術は出来ない。
命のタイムリミットは、残り一日だった。
が。。。謎の人物により、金まで奪われてしまう。
どうしようもなくなったアタルは、柳川(渡哲也)に接触し助けを求めるが、
警察に取り囲まれ、、、、逃走するしか無かった。
そんなとき、突如、金の在処を教えるという謎の電話が入る。
アタルは指示通りに、サンタクロース姿となり繁華街へと走っていく。
しかしアタルの目の前で、金を燃やされてしまい呆然としていたところ、
鬼塚刑事(嶋田久作)に逮捕されてしまうのだった。

一方、柳川は、5年前の事件を追い続けていた。
すると、、、尾行する高橋(滝藤賢一)を見つけ、柳川は問いただし。。。。

同じ頃、千春(篠川桃音)への募金が急速に集まっていることに驚く由紀
そう。。。ネットでサクラの“真実の声”が広がっていた!
PANDA(山崎賢人)が協力してくれたためだった。
利夫(千葉雄大)から千春のことを聞き、アタルは安堵する。

そのころ柳川は、“スネーク”という真犯人にたどり着き、
警視庁副総監の仙道浩一(渡辺裕之)のもとを訪れていた。。。。。


敬称略


まあ。。。初期から、間違いなく怪しかったのですが。。。
そこに落とすのでは無く、一捻りしてきた今作。

その演出を良いと言うべきか。
それとも“やっぱり、そこ?”というべきなのか(苦笑)


そういや。
『ホスト部』『ランナウェイ』そして次の“フライデードラマNEO”と

一部の局に出ずっぱりだね。
あ。。。次期は、BSでも確か、、、、、


でも、正義の味方をやったり、軽い役をやったりするだけで無く
今作のような役柄も、やはり“経験”ですから。
間違いなく次に繋がっていくでしょう。


あ!いつもは書かないことを書いているね。

最終回だし、真相が分かったし
こんな感想も、たまには良いでしょう。

ちょっと強引さはあるものの、綺麗にまとめて来たのは事実なので

最終回としては、

ホントに良くまとめて来たと、思います。

結末はネタフリされているので見えていますが、

なにせ、今作の序盤ではあり得ないほどの
そこそこ良い感じの緊張感がありますし!

それだけで、十分の満足できた感じですね。


今作の問題は、間違いなく“そこ”だったでしょうけど。。。。


今までも書いてきたが、
“旅情モノ”としては、悪くは無いと思うのですが
あくまでも、、、、脱獄し、緊張感を描く必要があったハズ。。。。なのだ。

たとえ、ターゲットとする視聴者を絞り込んでいたとしても、
その最も大切な緊張感を、どこまで表現するか?が重要だったのだ。

無いわけではないが。。。それを打ち消す演出が多かったのだ。
細かい小ネタやセリフ程度なら、まだ許せるが
緊張感が無い演出が一部に。。。特に序盤に多く、

どうしても、“逃亡劇、逃走劇”になっていなかった。

その部分さえ無ければ、他は1つの人情モノとして良い部分も多く、
そこそこ楽しめた可能性が高いだけに、本当に残念でした。

かなりオシイ作品だったと思います。


いっそ、“某有名な逃走劇作品”のように
いきなり罪を着せられて、逃走するだけで十分だったかもしれませんね。

なぜだか、逃げている!!

なんていうほうが、緊張感が無い演出があっても受け入れやすいし。
“脱獄”しなくても、良いですしね。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/7857524a55f31e7455c15cf5d7e22418







最終更新日  2011年12月22日 21時52分28秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.