19062702 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

博多弁の女の子はか… New! はまゆう315さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2011年12月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

内容
嫁として、女将として、志乃(野際陽子)に認められた奈緒子(羽田美智子)
しかし“一番大切な問題”が、まだ残っているという。
さすがの辰夫(山本圭)も、志乃の言動に驚くばかり。
宗佑(津田寛治)と奈緒子は、志乃から言われた課題に頭を悩ませる。
いったい、何が問題なのか?
だが、志乃は思っていた、、、“奈緒子さんなら気づく”と。

そんななか宗志(庄司龍成)が、母が居ないことで悩んでいると知った奈緒子は、
本当のことを伝えた上で、自分たちが家族であると伝えるのだった。

“おもてなしとは、相手を思いやる心。”
奈緒子の決断に、志乃も納得する。

敬称略


気のせいか。。。回想の部分って、、、序盤だけだよね。正確には前半。

ま。。。“そういうコト”なんだね。

簡単に言えば、

綺麗にまとめて来た。。。ということである。

まさに、大団円!

いやほんと、お世辞ではなく、綺麗にまとめたよね。



正直なところ、
ここ3~4週間ほどの展開からすると、

“まとめる気が無い”と思われても仕方ない状態だった。

それだけ、
基本的にシンプルな物語の中に、ネタを詰めこんできたのだ。

が、、、気がつくと。。。

今回。あれだけゴチャゴチャしていたモノを、
一気に、、、それも、綺麗にまとめ上げてきた。

見ているこっちが驚くほどである。

驚くべきは、
ココで終わらせて良いと言うカタチにしただけでなく、
“次”があっても良い。。。というカタチにしてきたことだろう。

こういうところは、まさにテクニックと言うべきモノであり、
脚本家を含めスタッフの凄さが見えるところである。


ただ、その“凄さ”を認めた上で、書かせてもらうが。

だからこそ、前半に比べて後半の拙速さが、残念でならない。

たしかにどのエピソードをとってみても、悪くはないのだ。
かといって、丁寧に描かれたか?といえば、そうではない。

どのエピソードも、かなり短く、一瞬で終わってしまう。
もっと見たい。。。と思っても、そうはならなかったのである。

そこまでして、アレコレ入れる必要があったのか?と言うくらい
ほんとに、ネタを盛り込んできたのだ。

上手くやれば、1クール出来るようなネタを、複数!

気がつけば、楽しめているのに、
あっけなく終わってしまうとネタに、不満が残るという、
妙な印象になってしまいました。

逆に、ココまで色々描いてしまうと
“次”、、、作れませんよね。。。。(苦笑)

今作で、全てを出し切ったと言えば、それまでなのですが。
“次”が、どうかではなく、

ドラマとして、もっと第1シリーズの時のように楽しませて欲しかったです。


良いドラマなのになぁ。。。。
なぜ、そこまでのことを、してしまったのかな。。。。







最終更新日  2011年12月29日 17時58分03秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.