20742539 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

孤独のグルメ7「埼… New! はまゆう315さん

皆さま、笑って「免疫… New! 鹿児島UFOさん

【エール】第2週(4/6… New! ショコラ425さん

シングルスタンドPRO… New! 俵のねずみさん

香取慎吾 NHK SONGS クルマでEco!さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

楽譜と古今和歌集>… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

制作中です シュージローさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

2012年02月11日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『激闘!ファザコンvsマザコン!!』

内容
最近、倉橋(沢村一樹)と夕食をとることが多い大地(山田涼介)海(鈴木京香)
帰りが遅いことを心配していた。
話の流れで、倉橋は要領が悪いのではと言う海は、
倉橋が早稲田を出ているのに平社員と言うことで、大地にも“要領よく”と諭す。

するとそこに、、、倉橋が現れる。オヤジ狩りにあったという。
ただ、妙な少年(吉永敦)に助けられたらしい。
そんな倉橋の様子を見て、あまり大地に近づけない方が良いのではと考える海。

翌日。。。大阪から“豹塚昌”が、大地のクラスに転校してくる。
父・正臣(阿南健治)が駅前で太極拳の道場を開いているらしく、
腕に自信がある豹塚は、転校初日から、海王の生徒たちを挑発しはじめる。
ついに海王一の三船(藤ヶ谷太輔)を見つけ、ケンカをふっかけるのだった。
だが三船は豹塚の挑発を無視。
「お前のような相手には、逃げるが勝ちだ」

一方、海は、同僚の太田(宮地雅子)らとの会話で、大地のことを心配される
「朱に交われば赤くなる」
もしかしたら、大地が悪に染まっていくのではと心配する海は、
大地に、、、友達を紹介するようにと命じるのだった。
すぐに。。。。ということで。。。
浩司(中島裕翔)羽生(柄本時生)鰐川(入江甚儀)象林(諸見里大介)が現れ、
海は、倉橋とともに“大地の友達”を査定するが、
いっそう、大地の身の上を心配するハメに。

“根は良い奴ら”だと大地は説明するのだが、つき合うのは辞めろと命じる海。
それでもつき合うならば、今年のバレンタインチョコは無しだという。
迷った大地は。。。。。。友達たちと絶交することに。

同じ頃、豹塚に脅された浩司は、強い奴を紹介していくのだが。。。。。

敬称略



前回、微調整されたかと思ったが。。。。

今回は、ふたたび海の部分が多くなり、バラバラに紛れ込ませるモノだから、
話はぶつ切り状態になってはいるが、

逆に、大地部分をシンプルにしたことで、
視聴者の目線と、海の目線を一体化させた感じですね。

そのため、海が多くても違和感はなくなっている。

まあ。。。W主役なので、あちらを立てれば、こちらが立たずなのは事実。

きっと前回、今回のバランスが、今作の雰囲気なのだろうね。


大地目線で、青春モノを描くか。海目線で、ちょっとシリアスないい話を描くか。

前者だと定番モノでマンネリ感が生まれる可能性はあるが、
後者だと、、、もしかしたら、新しいカタチのホームドラマ。。。になるかもね。

正確には、後者のほうが野島ワールドですが。

もちろん大地の本心などが、どこまで表現されるか?という問題点はあるのだが、

母の気持ちに応えながら、今回など、、、最後には想いを吐露した。

こういう部分が次回からも表現されれば、
もしかしたら今作、もしかする可能性も見えてきた気がします。


っていうか、このバランス、かなり難しいよね。

ただ、今までよりも野島ワールドに近くなっている印象なので
逆にこのバランスで、大地を抑え気味にした方が、
完成度は高くなっていくかもしれませんね。

もちろん、人気俳優を使っているので、批判はある可能性はあるのだが。

でも物語の雰囲気からすれば、
微妙に難解な状態に陥りつつありますが、まだまだ、万人向け。

突如の崩壊さえなければ、ほんとに可能性が見えてきた気がします。

ネタ次第だろうけどね。


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/a6c2742739eed8ee9347576ce933060c






最終更新日  2012年02月11日 21時58分03秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.