19412066 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

最新 UFO映像8連発 … New! 鹿児島UFOさん

なつよ、千遥よ、咲… New! ひじゅにさん

小吉の女房  第1… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

石川ひとみ スペシャ… New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (9月… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2012年03月11日
XML
『GT-02アニマル、出撃!』

内容
エネトロンの異常消費反応とメガゾードの転送反応が確認され
ヒロム(鈴木勝大)リュウジ(馬場良馬)ヨーコ(小宮有紗)ら
ゴーバスターズは、現場の病院に到着するがヴァグラス反応は無かった。
だが人の出入りが無いことに違和感を抱くヒロムは、何かが起きていると確信。
3人が病院に乗り込んでいくと、機械化された人間たちに襲われ、
そしてエンター(陳内将)の姿が!

エネトロンを奪うだけで無く、施設を麻痺させ患者を苦しめていると分かる。
このままでは、患者たちの命が!!!
メガゾードの出現までに、
リュウジが、GT-02で近くにあるタンクからエネトロンを運び、
ヒロム、ヨーコが、院内のメタロイドの対応をすることに。。。。


敬称略



戦いがはじまったばかりなので、
まだまだ、意思疎通どころか、相手のことを理解出来ていない3人。

徐々に。。。。

ということで、
ちょっと“オトナ”のリョウジを除き、

ふたたび、ヒロムの言動で、ヨーコとヒロムがちょっとしたケンカに!


。。。っていう話だ。


仲間内の人間構築。。。そして新メカの登場。

ネタ自体も、タイムリミットを設定するだけで無く、
病院が襲われることで、命の危機を表現するなど

かなり練り込まれているエピソードですね。

3人のキャラを描きながら、二面作戦が決行されたのも、なかなか良いところ。


“ドラマ”としての隙が無い感じである。



チームモノとして、当然の人間関係の構築話である今回。

個人的に気に入ったのは、

3人組としてのスタートである部分を、物語の“始まり”にしているため

彼らの成長などを、視聴者が実感しやすくなっていることですね。

ことさら強調する必要は、本来無いのだが。
でも、今作は、その“始まり”を強調している。

明らかに意図的ではあるが、魅せ方としては、
理解しやすくて、良いですね。

まあ、、ちょっと、作者が作者だけに
あいかわらずの複雑さはありますが、、、、そこは、当分okでしょう。

いや、許容範囲内。。と言う感じかな

正義の味方としての、善意と、、、敵の悪意を、キッチリ描いていますしね。


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/055bbb09bb5757ccf89006c821c7786d






最終更新日  2012年03月11日 08時31分34秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.