19441806 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

カミナリ&レッドガ… New! クルマでEco!さん

千葉県の台風災害へ… New! 鹿児島UFOさん

凪のお暇  最終回 New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「アド・ア… New! BROOKさん

顛末>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2012年04月29日
XML
『戦う理由』

内容
バクラーとの戦闘に突入したゴーバスターズ。
メガゾードの転送反応は無かったが、エネトロンは大量消費。
黒木司令官(榊英雄)が、不審に思っていると、再びバグラーが現れる。
倒しても倒しても出現するバグラー
何かがオカシイ。。。。
ついには、リュウジ(馬場良馬)が熱暴走に陥り、バグラーを瞬殺。
そんなとき警察局から連絡が入り、
ヴァグラスによる“デルタニウム39”の強奪事件が発生したと。
それはメガゾードの心臓部に使われているレアメタルで、
エンター(陳内将)の真の目的が判明するのだった。

次の動きに警戒している間。
ニックは、ヒロムの姉・リカ(吉木りさ)のイラスト展に誘うがヒロムは拒否。
ヒロムが特命部に入ったことを反対しているリカと、
話し合って欲しかったのだが。。。。

そんななか、メガゾードの転送反応が確認される。
そして、人間たちが“盾”にされ。。。。。。

敬称略



エンターの作戦、、、ほんと凄いですね。

メタロイド、メガゾードで、戦わせるだけで無く、
人間まで!!!

3人では少ないと感じていた部分もあるが、
そこを、ニックたちに補強もさせている。

盛りだくさんの戦いを、それぞれの特徴を描きつつ、
かなり劇的に描ききった感じですね。

そしてそこに、、、ヒロムとリカの話も。。。ついで?(笑)

いや、それが本題の戦う理由ですが。

ニックを絡めて、これまた良い感じ。


結果的に、エンターの勝利に終わるが、
ヒロムたちにも、ヒロムたちなりの勝利を。。。。

こういう、落とし方も、今作らしさなのであろう。

そう。
今回、かなり盛りだくさんで複雑であるが、
それを、ホントに作り込んでいる印象だ。

テーマの戦う理由を分かりやすく表現し。
戦隊としての魅せ場も作られているから、

ストーリーが多少複雑であっても、満足感は十二分にある。

これならば、大きなコドモだけでなく、ホントの子供にも納得でしょう。

ほんと、良い塩梅。


複雑になれば、魅せ場が失いがちになってしまう作風が、
個人的に、今作に感じていた不安なのだが。
今回のような魅せ方をしてくれれば、
その不安は杞憂に終わりそうである。

TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/44d24b03cf2756d0bf3fbc4a1a6333d6






最終更新日  2012年04月29日 08時07分20秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.