20518978 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

冬ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

病室で念仏を唱えな… New! はまゆう315さん

昭和の刑事>『相棒s… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「スマホを… BROOKさん

イルミナティーカー… 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2012年05月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『狐火の家』
“今回は、密室が破られません

内容
ある日、芹沢(佐藤浩市)を訪ね遠藤晴彦(平田満)と言う男がやって来る
友人・西野真之(吉田鋼太郎)の娘・愛美(森迫永依)が殺された事件の
相談に乗って欲しいと言う事だった。

タンスが物色され、30キロの金塊が盗まれたという。
愛美は頭を強打していたらしい。
第一発見者は、父の西野で、容疑者として連行されてしまった。
しかし遠藤は、西野が犯人では無いと強く訴え、
西野の長男・猛(郭智博)かもしれないとつぶやくのだった。
4年前、同級生をナイフで刺して失踪したまま。。。。

あまりに悲劇的な事件で、純子(戸田恵梨香)は、相談に乗ってあげて欲しいと
芹沢に訴えるのだが、どうしても休暇を取ると言って聞かず。

そこで純子は、榎本(大野智)に連絡を入れるが休暇中。
偶然、現場の長野にいたため、純子は長野で榎本に合流することに。

遠藤に連れられ西野の屋敷、築百年と言われる日本家屋にやって来た純子と榎本。
榎本は玄関の鍵を見始めて、似つかわしくない特殊な鍵がつけられていると認識。
合い鍵を持っているのは、西野と愛美。下の妹・明日香は持っていないという。

遠藤の話では、100メートルほど先のりんご園で作業中だった辻登美子が、
学校から帰宅した愛美と会議から帰ってきた西野を目撃していた。
それ以外の出入りは無かったと分かる。
ただ、友達と電話をしながら帰宅していた愛美は、
その電話の先で“誰?”と声を上げていたことから、
“誰か”が、屋内にいたことは確かであった。

そんななか、屋内を調べていた榎本は、鍵が壊れている窓をのぞき、
全ての鍵がキッチリ施錠されているのを確認する。
ただ、1カ所だけ、窓が開いていた。
しかし窓の外にはぬかるみがあり、痕跡がないことから出入りは無かった。

調べているウチに、榎本は、妙な3つの穴と蜂の死骸を見つけ。。。。。


敬称略


若干、ファンタジー要素が強いのは、少し気になるところだが、

事件自体は、エピソード自体は、一捻りしているため、

ミステリーらしいミステリーと言っても良いでしょうね。


かなり強引だけど。

たしかにミステリーとしては、オモシロ味はあるのだが、

“容疑者”と言って良いのかな。。。。

容疑者がほぼ登場しないため、
事件モノドラマとしては、お世辞にも成立しているとは言いがたい。

実際、ネタフリは丁寧にされているため、
そういう意味での丁寧さはあるけど、

“密室”という部分の謎解きの魅せ場は、今まで以上に少なく。

榎本の独演会を聞いているだけになってしまったのは、
さすがに頂けないかな。

このあたりは、ちょっとした演出上の問題だろうけどね。


ネタの面白さはあっても、ドラマとしては残念な感じですね。


まあ、、大野智さんのファンならば、出ずっぱりだったので、
それなりに満足しているのでしょうが。。。。



TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/2edfb563486886eccd20c7dbda21d03c






最終更新日  2012年05月28日 21時59分53秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.