19624886 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

相棒18  第2話 New! はまゆう315さん

変容シンロの波に乗… New! 鹿児島UFOさん

対戦相手>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

フィリピン東海上に… クルマでEco!さん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2012年11月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『頼朝挙兵』

内容
平家打倒の令旨が以仁王(柿澤勇人)により発せられた。
その令旨は、伊豆の頼朝(岡田将生)のもとにも届けられる。
だが、平家の武力に臆する頼朝。
それを見てとった政子(杏)時政(遠藤憲一)らは、
頼政(宇梶剛士)も挙兵すると奮起を促し、頼朝は覚悟を決めるのだった。

一方、福原への遷都を進めていた清盛(松山ケンイチ)は、以仁王の令旨を知る。
直後に頼政挙兵の一報を受け、清盛は軍勢を差し向け、これを鎮圧。
その後、清盛は、一門の反対があるにもかかわらず、福原への遷都を強行する。

そのころ、伊豆において、清盛の横暴を聞き及んだ頼朝は、
東国の武士たちの思いを受け。。。。ついに挙兵する。


敬称略


サブタイトルどおり、、、ついに挙兵である。

まあ、ここからは、いろいろあるわけだが。

細かい事は、もうどうでも良いだろう。


最終的な結末は、初回に描いているし。事実として知られていることも多い。

ドラマとして“どこまで描くか?”というのが、ポイントになるであろう。

時代の詳細を描けば、それは無駄となりかねない。
逆に、描かなければ、中途半端となる。

描き方次第。

いや、《平清盛》の集大成が、ここから始まるということである。


その始まりとして、
前回混ぜ込んでこなかった、後白河法皇を混ぜてきたのは、かなり良いこと。

初期の頃は、西行がポイントになるのかと個人的に思っていただけに、
ここにきての西行の頻出は、逆に鼻につくところではあるが。

それでも、それに代わる立場となった法皇の登場は、
最終章の始まりとして、かなり良かったと思います。


それ以外にも、いろいろ書きたいことはあるけど。

まあ。。。悪くない。。。。かな。

ほんとは、“だからこそ”という部分もあるけどね。



俳優が良いだけに、いろいろと、もったいない。。。ってことですね。

実際
見えにくい部分も、俳優の演技が、良い補足になっているのだ。

だからほんとに、良い感じで回っている。


だからこそ。。。。なんだよなぁ。。。




TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/fdf77747afa53160b52ab2880a44a6d8






最終更新日  2012年11月25日 18時45分02秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.