000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

トットちゃん  第… New! はまゆう315さん

ちょっと残念なニュ… New! みやさとver.さん

【ご挨拶】贈答コン… New! 簡単支払さん

冷やしあめ『わろて… New! ひじゅにさん

AKB48「11月のアンク… New! BROOKさん

カラダにいい事 あ… New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光時通信:人の… New! 鹿児島UFOさん

吉木りさ VS 女… YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2012年12月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『双六が終わるとき』

内容
清盛(松山ケンイチ)は、京へと環都を決める。
それでも、各地の反乱は収まらず、そんななか高倉上皇(千葉雄大)が崩御。
清盛は、頼みの綱を失ってしまう。
と同時に、後白河法皇(松田翔太)が、清盛の前に現れ、
その心の内を見透かすかのように、法皇は清盛の後悔を口にするのだった。
清盛は、次の手を考え始めるが。。。。

そのころ、勢いをつける頼朝(岡田将生)のもとには、
平家方の家人が、軍門に降り始めていた。
そのなかには、頼朝の命を救った梶原景時(浜田学)の姿もあった。
頼朝は、自らに従う家人達を御家人と呼び、
新しき世のための国造りを始めていた。

敬称略



細かいツッコミどころはあっても、

きっと、キレイにまとめてくるだろうから

話の内容や展開には、もうすでに興味が無い。


実際、最終章に突入してからは、

過去のシーンを持ち込んでくるなど、悪くない仕上がりである。

細かい事を言えば、アレコレありますけどね。
そこはもう良いだろう。

第2クールアタリから、それなりに立て直してきましたしね。

ただやはり、数字がついて来なかったのは

序盤が足を引っ張り続けた。。。

それが、紛れもない事実だろう。

ラス前で復活しかけてますけどね(苦笑)
軽めなので、。。。。ま。。。いいでしょう。

エピローグですし。



ここからは、ほぼ総括


あくまでも《連ドラ》である《大河ドラマ》

序盤のつまずきを取り戻すのは至難の業なのだ。

破綻したモノノを処理し、再構築。。。そして盛り上げる。

半年以上かかって、当然である。


“ようやく”

なんて時には、時すでに遅し。


よく書くことだが、“数字”が全てでは無い。

低くても面白いモノは面白いし
高くても散々なモノは有るモノだ。

だが、唯一確実に表現しているモノがあるとすれば、

数字は、一部を除き、視聴者の興味のバロメーター。。。であるということ。

興味が高ければ、それなりに数字が上がるし、
低ければ。。。。散々。。。

もちろん、内容の面白さは、あまり関係が無い。

分かりやすく言えば。

人気俳優、話題の俳優が出ると数字が上がる。

それである。内容は関係が無い。


だから、何とかして数字を。。。と考え、そういった俳優を使うのである。

まあ。。。

最近じゃ、そういった“神通力”を持つ人は、徐々に少なくなっていますが。

視聴者も、バカじゃ無い。。。ということ。


やはり、俳優が出ていても、
面白くないと、徐々に離れて行くのである。

それでも。。。上昇傾向、もしくは、初回と変わらないモノがあるとすれば。

内容が面白い可能性がある。

そう。

数字は、面白さの絶対評価では無く、相対評価なのだ。

同じ枠の他のドラマであったり、別の話であったり。。。

それが比較対象となる。


ここで重要なのは、

数字は、“枠”についてくるモノでもあると言うことだ。

有名なのは、《朝ドラ》《大河ドラマ》そして、、、《昼ドラ》

爆発的に内容が面白いモノは、もの凄い数字をとるが、

たとえ、面白くなくても、それなりに数字はとるのである。


その一方で、《月9》をはじめとして《木曜ミステリー》《水9刑事枠》など、

枠自体のスタンスを変えない枠も、それなりに数字を持っている。

逆に、スタンスを変えると。。。。。名前だけ受けついている枠は。。。。

そんなのも存在するのである。


やはり、視聴者は、

視聴始める前、色々と期待するモノである。

良くも悪くも。。。。

脚本家、演出家、俳優。。。そして物語。。。

色々とイメージして、初回を視聴する。

裏切られれば、数字に跳ね返ってくるモノだ。


今作。

《大河ドラマ》という看板がアリながら、
民放ドラマと同種の作り方で、序盤を作ってしまった。

いわゆる。。。大人の事情が、大腕を振っていた状態だ。

それなりに面白くても、期待外れと感じたのは言うまでも無い。


俳優目当てで見ている人にとっては、どうってコト無いことでも。

枠で期待し、視聴する人にとっては、そんなことこそ、どうでも良いこと。


明らかにキャスティングミス、構成ミス、演出ミス。。。などなど

これが今作の本質であろう。


特にキャスティング。
ほんと、無茶なキャスティングをするべきでは無い。
主人公が描かれなくなってしまえば、本末転倒どころの騒ぎでは無い。


そういうことだ。

っていうか、NHKがこれやったらオシマイだよ。



個人的には、

第2クールアタリから、それなりに清盛が登場し始めた頃からの物語を

公式HPに標榜していたような、
新しい清盛像。。。そして平家一門の物語を、
視聴者の期待に添うように、1年に上手く引き延ばして作っていた方が、

終盤の盛り上がり具合を見ても分かるように、

かなり面白い作品になっていたと思います。



ってことで、。。。。最終回を待つのみ。


最終回の感想は、、、あらすじ程度かな。。。

もう書かなくても良いくらい。


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/684bf4d4775335da92894010d03574b6






最終更新日  2012年12月16日 18時43分51秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.