19408911 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

だから私は推しまし… New! はまゆう315さん

憧れの名車大集合 … New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ソラと優と千夏>『… ひじゅにさん

その1)水泳の池江璃… 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2013年08月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『夢を繋ぐ男!最後の告白』

内容
楓(松嶋菜々子)の甥・夕(山崎光)が脳死となり、
楓の兄・立(山口馬木也)は、臓器提供することを決断する。
脳死による移植手術が行われたことを、記者会見で発表する最上(段田安則)
休暇をとっている楓のことを気遣いながらも、
楓に“ここで潰れてもらっては困る”と、最上は睦子(安寿ミラ)に伝える。

一方、本庄(佐々木蔵之介)は、美羽(毛利恋子)の母・智子(建みさと)から、
移植待機リストへ登録することを決めたと知らされる。
人の役に立ちたいと言っていた夕の思いを受けてのモノだった。

そんななか杉吉(手塚とおる)が前期研修医の猿田勇(渡部秀)を連れてくる。
片岡(柏原収史)が指導医となることに。

そして休暇を終え、職場にやって来た楓は、その足で院長室へと向かう。
だが最上は、楓の差し出した退職願に対し、
「こんなモノで楽になれると思ってるのか?」と告げる。
動揺を隠せない楓。

その後も、次々と患者が運ばれてくるが、いつもとは違う楓。
その状態を見た夏目(時任三郎)は、フォローに回りはじめる。

敬称略



引きずっているというか。。。。。

目立っているような、目立っていないような楓で、

なんていうか“いつも通り”なのですが(苦笑)


おかげで、職場にいなくても、いつもと変わらない。

まあ、あくまでもチームなので、一人欠けたくらいで

どうにかなったら困る。。。。とも言えますけどね。

ただなんていうか

《5》における楓は、立場が与えられているにもかかわらず、

中途半端な立ち位置に居る場合が多く、

イマイチ存在感が無かったのも事実なのだ。

今回のエピソードにおいて、

存在が消えても、状態が変わらないことが

楓の中途半端さを証明してしまった感じですね。


実際、研修医達。。。広瀬だけでなく、猿田。。。を中心に

そして周りの医師たちも含めて、意外と普通の群像劇になっている。


そんな風に思ってみていると、

どうしても思ってしまうのだ。。。。

今の立ち位置やキャラの小島楓では、主人公になり得ないと。

もう撮り終えているだろうから、どうにもならないでしょうが。

音楽などで、盛り上げ方を変えたり、

ここは。。。。禁断の《回想》を利用して、盛り上げたりなどして

思い切った再構築をしなければ、“次”は、無いんじゃ?

まあ。。。次は、広瀬が主人公でも良いんだけど(笑)


正直なところ

今回の後半にあった“とってつけた設定”を盛り込むような真似をするなら、

禁断を用いるべきだったでしょう。

っていうか。。。。ほんとに、とってつけた。。。。だよなぁ。。。。

悪くないとは思いますけどね。

といっても、今期は、“とってつけた”が多いから、仕方ないか。

大人の事情が、大きく影響を及ぼしましたからね。

ひねり出して。。。。こんな事になったのでしょう。


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/ed26790500e185bac17ecb813137d86c






最終更新日  2013年08月27日 21時50分21秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.