19459693 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

いだてん  第33話… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

なつよ、あっぱれ十… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

林部智史 5thシング… New! クルマでEco!さん

体に良い話 今日教え… New! 俵のねずみさん

大摩邇さん 転載です… New! 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】最… ショコラ425さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2013年09月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『サヨナラの後に訪れる涙…』

内容
上空に現れた強い光。隕石ではなく。。。。船だった。

旅立つ荷物を持ち祥子(有村架純)は、家の外へ飛び出していく。
困惑する安藤(山田裕貴)だったが。。。

そのころ重田(國村隼)は、古女房(角替和枝)に故郷に婚約者がいたと告白。
一度星に戻って婚約者に詫び、戻ってくると宣言し、光の方へ

そして迎えに来たことを確信する星男(福士蒼汰)は、
佐和子(広末涼子)に、地球に残ることを決めたと告げ、
そのこと伝えてくると。。。光の方へと歩いて行く。

同じ頃、節(小池栄子)が。。。。。

敬称略


「なんか、格好悪いよね。

「うれしかった。ありがと


居候星人。。。地球の女をなめんなよ!


今回の演出は。。。勢揃い。。。か。


それにしても、どうなるかと思いましたが。

凄いですね。

始まってから、飛ばす、飛ばす。

小ネタも盛りだくさん。

凄いとしか言いようがないですね。


実際、今作自体が、そんな感じですけどね。

あんなことや、こんなことを描きつつ、

いろいろなコトで楽しませながら。。。実は、ベタな恋バナ。

結局、この肉付けこそが、面白さであり、

作者、演出の《らしさ》


こういうドラマがあってもいい。

そう感じさせてくれた作品だったと思います。


でも本来。ドラマって、こう言うモンだよね。

笑わせて。。。時にはムッとしたりして。。そして泣かせて。。

いろいろと楽しませる。


視聴者自らが体験できないことを体験させる。。。。

そういうものだ。



あ。最後に1つだけ、気になったことを。

初回に流した“一気”は、ほぼ全て流したのかな???

くだらないことだけど、ほんとに気になってしまった。


確認するか。。。。いや。。。。どうしよう。。。。


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/555b600aae610853f523877a602763be






最終更新日  2013年09月10日 23時06分53秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.