19432707 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

UFO目撃、米海軍つい… New! 鹿児島UFOさん

Dr.コトー診療所20… New! はまゆう315さん

自由>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

令和元年 台風15号 … クルマでEco!さん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2013年09月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『もう一度やり直したい…運命の最終決戦』

内容
最後の課題が与えられ苦戦する中、
元一(織田裕二)は。。。時間を作って、光太(田中奏生)に会いに行く。

そして、紗世子(鈴木杏樹)の許可を得て、
自転車を借り、元一は光太と湖へ
紗世子は弁当を手渡され、元一は困惑するが。。。。

その後、湖に行く途中に立ち寄った店の人の勧めで、渓流へ
川で遊んだり、釣りをしたり。。。楽しむふたり。
そして花火大会に行こうとしたとき、帰りたく無いと言い出す光太。
元一は、試験を頑張ることを告げて光太を励ます。来月にまた会おうと。

そんななか、急な雨で、花火大会が中止に
すると紗世子は。。。。


東京へ帰ってきた元一は、最後の課題に挑んでいた。
3日後に迫るが、ルール変更が提示される。
5つの班、それぞれから成績1位を抜き出し、新しい班の設置。
中原雅人(阿部進之介)樋口麻衣(関めぐみ)森下涼介(忍成修吾)
大塚宏孝(じろう)そして元一だった。
まさかの展開に、意気消沈の新メンバーたち
だが、元一は、チャンスだと。。。。


敬称略



最終回でもないのに、総括気味で。


結局。

今回のような感じの織田裕二さんが、

最もイメージどおりなんじゃないのかな?


目標を置いて、そこに向かって邁進する

で、軽めの部分も出したりして。。。

そこに、子供、妻を、それなりに混ぜていれば、

もう少し楽しめたんじゃないのかな??


子供という部分に、不自然なほどこだわりすぎたのが敗因かな。

たしかに、そこが“目標”ではあるのだが。


実際、仕事が決まってからの元一の姿は、見ていて楽しいんですよね。

逆に、そこまでの紆余曲折は。。。。(苦笑)


決して間違ったことを描いているわけでも無ければ、

オモシロ味が、全く無かったわけでも無い。


ただ。。。イメージとかい離しすぎた。。。そういうことだろうね。


新しいキャラを、新しいイメージを。。。

そういうのも、分かります。

でも、一瞬でも“不自然さ”が見えてしまうと、ダメなんですよね。


それが。。。。イメージというものです。


初めっから、子供のために大奮闘!

それだけで楽しめた可能性があるんじゃ??

中盤まで、奮闘してませんから!


イメージって、ほんと大切。

良いようにも、悪いようにも働くモノ。


これを言っちゃオシマイだが、

演技や雰囲気が同じなんて、そんなもの“同じ人間”だから仕方ない。

そこを“ありき”で考えれば、良かっただけ。


それでも、どうしても新しいイメージっていうなら、

主役ではなく脇役で、様々なドラマなどで、様々な役をこなして

既存イメージをこわすしかない。

そうでなきゃ、既存イメージで、突き進むのみ。

ただそれだけ。


ここまで書いちゃったら、最終回、、、、書くことないなぁ。。。。きっと。


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/2ffc142cb117740d05bcd2fc05863b7b






最終更新日  2013年09月13日 00時22分33秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.