19245822 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

虹がかかったら New! クルマでEco!さん

福島原発上空 UFO(未… New! 鹿児島UFOさん

全てバッチリなつ仕… New! ひじゅにさん

セミオトコ  第2… New! はまゆう315さん

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

2015年10月06日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「チェンジリング」

内容
悠里(黒木メイサ)の説得もあり、新生児誘拐事件の犯人・トモ(安藤玉恵)は、
駆けつけた土橋(渡辺大知)西室(手塚とおる)により、逮捕された。
誘拐されていた新生児も、無事保護されたのだが、
優子(安達祐実)は、ノゾミではないと言いはじめる。
すぐさま、DNA鑑定が行われたが、博(池内万作)優子夫妻と一致せず。
家宅捜索を行ったが、見つからなかった。
捜査を指揮していた令子(松下由樹)が、聴取するが。。トモは黙秘。

一方で、悠里は、身代金受け渡し現場の須佐見(渡部篤郎)の動きに、
妙な引っ掛かりを覚える。
トモの夫・裕也(淵上泰史)と何か話していたのだった。
須佐見が、何かを隠していると感じ、話を聞くのだが。。。。

そんななか、別の病院で新生児が行方不明になったというしらせが入る。
防犯カメラ映像を確認すると、逮捕前のトモの姿があった。
令子に代わり、トモの聴取をすることになった悠里。

その直後、病院に、新生児の写真が送りつけられてくる。。。。

敬称略



う~~ん。。。

実質的に、話が動いていないね。これ。


そもそも、今作には、大きく分けて2つの問題が存在する。

ひとつは、“いま現在”、必要だと思われない病院のことを、

ネタフリとして盛り込みすぎていること。

そのため、刑事モノとして割かれる時間が短くなってしまっている。

もちろん、ネタフリも理解するし、

いろいろと描こうとしているのも理解するけど、

切り刻んで盛り込まれているため、

話しが集中されず、散漫になっているのは言うまでも無い。

そして、大問題は、刑事モノ部分。

主人公の描写の違和感については、とりあえず横に置いておくが。

刑事モノとして、話の流れが不自然すぎるのだ。

たとえば、主人公が“気になる”という部分は、いくつも登場する。

しかし、主人公は、口にするだけで、解決に動かない。

他の案件を盛り込んだりして、忘れた頃に、動き出す。

ラストの分析なんて、良い例だ。

他の部分も同じ。

そのため、いま現在主人公が何をしているのかがハッキリしないのである。

これはドラマとして、本当に致命的。


きっとね。両者ともに、

物語を単純化させないための“工夫”のつもりなんだろうけどね。

でも、違和感を感じさせた時点で失敗。

どれだけ、捻っているつもりでも

どれだけ、重厚に描いているつもりでも

ドラマが醸し出す違和感というのは、シッカリと精査しないと消えることは無い。

工夫が裏目に出ている感じですね。

まあ。。。。最近のドラマじゃ、良くあるミスですが(苦笑)







最終更新日  2015年10月06日 22時49分55秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.