19058807 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

トミカ トヨタ ジャ… New! クルマでEco!さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

科捜研の女 第10… New! はまゆう315さん

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2015年10月15日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「マリコvs死神と呼ばれた女刑事!鑑定の盲点を突いた肌色の銃弾!!刑事の命を奪う危険なお守りの謎!?」

内容
その日、榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研のメンバーは
とあるフリーマーケットに居た。
組対三課から、違法薬物の取引が行われるという情報があったのだ。
捜査一課の土門(内藤剛志)らとともに、取引が行われるのを見張っていた。
やがて、土門たちは、取引を確認し、容疑者達の身柄を確保。
マリコたちが、鑑定へ向かおうとしたところ、
妙な男・宮脇敏雄(本山力)を見かけ、話しかける。
しかし薬物の所持はなく、謝罪するしかなかったが、そこにひとりの女が現れる。
女性は、宮脇の持ち物から拳銃を見つけ、検挙。
そこへ、土門がやって来て、女性の身元が判明する。
洛南署の組対係の落合佐妃子(池上季実子)だった。

しばらくして、佐妃子が、府警本部の組対三課に異動してくる。
佐妃子は、“銃器薬物のクイーン”と呼ばれるたたき上げの刑事だった。

そんななか、ある公園で、男性の射殺体が発見される。
マリコたちが、確認に向かうと、
そこには、佐妃子とともに検挙した所轄の刑事・蒲原勇樹(石井一彰)の姿が。
木島(崎本大海)によると、佐妃子と同時に、捜査一課へ異動してきたらしい。
その後、、被害者が、洛北医大へと搬送される中、所持品から身元が判明する
亡くなったのは弁護士の栄村治彦(伊東孝明)
妻・郁子(大路恵美)によって、確認されるのだった。
そしてその後、現場の遺留品の調査をした科捜研だったが、
犯人に繋がる証拠が見つからなかった。

少しして、佐妃子が、独自の資料を持って科捜研に現れる。
分析が難航していると知り、手がかりになればと、持ってきたという。
そのデータを元に、線条痕の分析をしたところ、
12年前の黒洋連合会による抗争に使われた線条痕と一致する。

やがて被害者の手から、殺虫剤の成文が検出。
外国製である可能性が高く、妻・郁子に話を聞きに向かったところ、
京都福祉大学准教授で臨床心理士の庄野香歩(高橋ひとみ)と
その助手・大宅温人(入江甚儀)と遭遇。

一方、土門たちは、藤倉刑事部長(金田明夫)の許可を得て、
線条痕の証拠を元に、黒洋連合会へ家宅捜索に向かう。。
若頭の樋口康成(山口祥行)がいたが。。。。拳銃は見つからず。
ただ土門は、それよりも佐妃子が居ないことに妙な印象を受ける。
そのころ佐妃子は、萩井佳則(森下能幸)という情報屋に会っていた。
実は。。。。2ヶ月前。46丁の拳銃が。。。。

その後の聞き込みで、郁子が、夫からDVを受けていたことが分かってくる。
銃弾に付着していたコンシーラーの成分の意味に気付くマリコ。
そのことから、ついに犯人が判明したのだが。

入手先を調べていた木島が芳尾優弥(萩原利久)という高校生に撃たれてしまう。
土門は、“組対の死神”佐妃子が情報を回さなかったためだと、マリコに。。。

敬称略


脚本は、戸田山雅司さん

演出は、田崎竜太さん



ついに、15弾!

もう、理解を超え始めているような気がするシリーズですね。

正直、まさか、ここまでになるとは思っても見ませんでした。

たしかに、数年ごとにリニューアルしてはいるが。

その程度で、どうにかなるモノではない。

新しい要素を含め、飽きない様に工夫しているのが、一番のポイントだろう。

もちろん、似たようなネタが無いわけじゃ無いんだけどね。

それでも“同じ”に見せない工夫こそが、今作の凄いところ。


今回にしても、新キャラ投入だ。

数シリーズ前に投入した鑑識係、その後の刑事部長・藤倉よりも。

立場が違うと言うこともあって、土門との対立構図も、結構良い感じに。

女性ってのも、良いよね。

ほんと、リニューアルが上手いです。

個人的に感心したのは、

いままで、あまり取り上げられなかった鑑定を、いろいろ盛り込んできたこと。

まあ、SPになると、いつも、そうなんだけど。

こういうのって、嬉しくなりますよね。

新しいアイテムなどが投入されたりするのも、面白いし。

飽きない工夫ですね。



今回の話で、1つだけ。。。。。安心したことは。

殉職者が出なかったこと。ホッとしましたよ。

基本、新キャラが投入されると、それ絡みの事件になりますからね。



最後に。高橋ひとみさん。。。。やっぱり、こうでなきゃ!

最近、バラエティに出過ぎて、イメージが。。。。







最終更新日  2015年10月15日 21時49分44秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.