19064072 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

博多弁の女の子はか… New! はまゆう315さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2016年01月13日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「共演者」

内容
亘(反町隆史)の大学の同期の弁護士・岡田弘志から、
相談を受けることになる右京(水谷豊)
女優・桜庭かなえ(高橋かおり)の姉でマネージャーの桜庭恵子(白土直子)が
別荘で殺されて見つかった事件についてだった。
恵子と、元夫・森山敏則(祖父江進)の離婚訴訟で、元夫の代理人を務めた岡田。
警察は、復縁を瀬まっっていた元夫を疑っているようだと。
なんとか、力を貸して欲しいと言う事だった。

亘に連れられ、かなえの撮影現場へ向かう右京。
メイクの新庄輝夫の話で、
かなえは、共演者のベテラン女優・桐島万里子(多岐川裕美)と険悪だと。
事件当日の撮影中にも、一悶着があったという。
結局、かなえが折れて、万里子に謝罪。
かなえが別荘へと帰るとき、新庄も招かれ、そのとき発見したと。

敬称略


脚本は、坂上かつえさん

監督は、兼崎涼介さん

。。。まさかの組み合わせですね。


そのためか、ストーリーだけでなく、演出も、

“いつも”とは違うテイストですね。

亘と伊丹のやりとりなんて。。。。。。。驚いてしまった。

それだけでなく、伊丹のプライベート。。。右京と万里子のやりとりまで。。。


おかげで、

結果的に、単純な話であっても、

いろいろな意味で、捻りが感じられて良いですね。

全く雰囲気が違いますから!


一応、亘も役割が有りますし。

右京と亘が“相棒”という感じで捜査していますし。

良かったのは、伊丹を上手く盛り込んで、利用したことでしょうか。

右京との関係だけで無く、亘との関係も見えましたから。

意外と良い感じの三角関係!(笑)

勝手に越境捜査をしているのも“特命係”らしくて、良い感じだし。


この感じ。

《相棒》が、最も脂がのっていた。。。シーズン4あたりの雰囲気に、

かなり似た感じですね。

っていうか。

こういう描き方、魅せ方が出来ないレギュラースタッフって、

ほんと、どうかと思いますよ。


ってことで、

全体的に、良い雰囲気が漂っていて、

ここ数シーズンの中では、5本~10本の指に入るかもね。

謎解きも、久々に“らしい”印象があって、

これで、事件自体に、もっと捻りがあって面白ければ、

大満足なんだけどね(苦笑)

まあ、ここのところのエピソードに比べれば、捻っていますけどね。


ただ大問題があるのは。。。

なにせ、話しの始まりが、強引で。

違和感を感じさせてしまった時点で、大失敗に近いのだが。

途中に登場した、桐島万里子のファンという設定を、

もう少し上手く利用していれば、違っただろうに。


ちなみに、細かい部分で、

いろいろなツッコミどころはあるんですが、スルーしておきます。


結末が良かったので、ヨシとしておきます。

っていうか

なぜ、このエピソードを、元日SPにしなかった????

もう少し時間があれば、

間違いなく、傑作になったかもしれないのに。。。。。



最後に。

娘。。。だったなら。先日のドラマのように。。。。(笑)



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/ac3cae6bcca8bc0f6bea55ed5faf24be






最終更新日  2016年01月13日 21時55分06秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.