19056166 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2016年01月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「連続殺人犯は10代?KY刑事vsヤンキー」

内容
とある廃工場で、桐秀学園、鮎川祥子が死体となって発見される。
刑事課の古河(手塚とおる)らは、若者がたむろしていたことをつかむ。

そのころ
コンビニ前にたむろする若者を何とかして欲しいと“ゼロ係”に連絡が入る。
冬彦(小泉孝太郎)寅三(松下由樹)が、対応に乗り出すことに。
店長・今西利治(モロ師岡)店員・西森隆弘(松尾諭)から、
寅三が話を聞いていると、
すでに冬彦は、若者となぜか打ち解けていた。呆れる寅三。
そこに、古河、中島(堀井新太)がやってくる。
若者のひとりで、桐秀学園の生徒・神崎正勝(松島庄汰)を
参考人として連れて行くというのだ。
神崎の表情を見た冬彦は、事件を知らなかったと指摘するが、
古河達は、強引に連れて行くのだった。
それでも無実であると、取り調べの場に入り込んだ冬彦は、
責任問題になる可能性を指摘。古河達も、神崎を帰すしかなかった。
だが直後、冬彦が無実だと言っても、学園は、神崎を退学処分にしてしまう。
福沢仁志(金子昇)森村智之(相島一之)ら教師の総意だという。

そんななか、神崎がビルの屋上から転落死。屋上には凶器と思われるナイフ。
状況から古河は、良心の呵責に耐えかねて自殺したのだろうと推測。
だが、遺体の状態を見た冬彦は、そのあまりに不自然な状況に
何者かが罪をなすりつけたと考え始める。寅三も賛同し、捜査を開始。

冬彦は、防犯カメラ映像から、鮎川祥子をつけ回していたストーカーを発見。
事情を聞いたところ。。ストーカーである事を認めた上で、奇妙な話をはじめる。
鮎川祥子が、入院している生徒・宮島沙月(水上京香)を何度も見舞っていたと。
その病室にやって来た冬彦は、
桜庭(木下隆行)理沙子(原田夏希)の担当の“落書き”に関係あると気づく。

敬称略


今回から、通常放送となった今作。

よくよく見ると。。。凄いよね。

冬彦のキャラで、コミカルだけで無く、シリアスも描いている。

ってことは、このキャラ。。。。意外と中立。偏りが無いってことだね。

まあ、かなりキワモノだけど(笑)

これは、凄いキャラかも!


これだけ個性的な俳優を揃えても、際だってますからね。


最後に、

それなりに面白いんだけど。気になったことを指摘しておく。

それは、2つの事件ともに、証拠らしい証拠が無いのだ。

このままだと、自供のみになりそうな。。。。







最終更新日  2016年01月29日 20時50分06秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.