19049545 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

アナザーストーリー… New! はまゆう315さん

ビーチや砂場で大活… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

ナッツと饅頭>『な… New! ひじゅにさん

日向坂46「ドレミソ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2016年02月06日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「仲間の死の真相。盗む母の涙…」

内容
藤堂健一郎(北村有起哉)のツテで、関本(佐々木蔵之介)は、
ようやく、“ユウキ・テンメイ”への接触に成功する。

一方、
勝村(成宮寛貴)真央(広瀬すず)に“現実”を教えていた山猫(亀梨和也)
そんな折、杏里(中村静香)から連絡が入り、
細田(塚地武雅)が死ぬ前に調べていた情報が入ったUSBを入手する。
モルダウ不動産が買い取った山について調べていたと分かる。
すぐに里佳子(大塚寧々)が、細田の実家が山を持っていたことを思い出す。
そのことから認知症の細田の母・芳子(市毛良枝)が不動産会社にダマされ、
山を売ってしまっていたと思われた。
同情する真央は、権利書を取り返して欲しいと山猫に訴えるが。。。

そのころ、細田事件の捜査本部が縮小され、
さくら(菜々緒)たち山猫捜査班が引き継ぐことに。
同時に、本庁から、犬井(池内博之)という刑事が、捜査に加わる。
犬井によると、細田と山猫は繋がっているという。

そんななか、山猫は関本を呼び出し。。。。

敬称略




ボードゲーム、報酬

皆藤愛子。。。。いや、怪盗あいこ。。にしておきます?

にしても

筆談でも、バカバカしく魅せてくるとはね!

作り込んでいますね。


毎回のように、色々工夫してくる今作。

こういうのは、ホントに良いことです。飽きませんし。



基本的に、同じパターンの部分も多いのだが、

痛快さがあるから、普通に楽しめますね。

動いているメンバーの、1枚、2枚も上に行く山猫。

シリアスとコミカルが絶妙のバランスで、

この枠らしく、ほんとに良く作られています。

次へのネタフリも興味を惹くし。。。

いろいろと散りばめられているのも、面白そうだし。。。

良く出来ていますね。


これ。。。雰囲気自体に好みがあるんだけど。

傑作に近いかもしれませんね。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/ebff578a93df91dc5c7e2fc5f977eadc






最終更新日  2016年02月06日 21時54分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.