19048170 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

傑作はまだ  瀬尾… New! はまゆう315さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

2017年限定発売「SUB… New! クルマでEco!さん

ナッツと饅頭>『な… New! ひじゅにさん

日向坂46「ドレミソ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2016年02月18日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『殺しのナンバー
「京都~富士山400キロ地底大捜索!順不同な殺人予告カードの謎」

内容
京都市内の公園で、専業主婦・古河章江(吉村涼)の絞殺遺体が発見された。
検視を始めたマリコ(沢口靖子)は、遺体の口の中に、
“6A”と書かれたカードを見つける。

土門(内藤剛志)が、夫・勝房から話を聞くと。
妻が浮気をしていたと告げる。そのため、妻の行動を気にしていないよう。

一方、検視をはじめた早月(若村麻由美)は、マリコからカードの話を聞き、
妙な印象を受けるのだった。そしてある事を思い出す。
5日前に、解剖した榎本紀人(井上純一)の転落遺体の現場にも、
“5C”と書かれたカードがあったという。

所轄の原口龍也(新井康弘)によると、榎本が経理をしている食品会社では
金を着服している噂があったと。横領で告訴寸前。
状況から、自殺と判断したと言うことだった。

捜査を続ける土門だったが、双方の関係が浮かばず。
1つわかったのは、章江の浮気相手が、古河の事務所スタッフ・中江義久。
事情を聞いたが、関係ないことが判明する。

そんななか、佐妃子(池上季実子)から連絡を受けるマリコ。
薬物で目をつけている店のバーテンダーの青野昌弘(西興一朗)が、
2人の事件に関する新聞に切り抜きを持っていたという。

情報を得て、すぐに店へ向かった土門とマリコ。
店にはいなかった。それどころか、周辺の路上で、青野が刺殺体で発見される。
腹部の傷口には。。。“7D”のカード。

土門たちの調べでも接点が見つからなかったが、
周辺人物の証言から、3人がひと月前に神奈川方面にいたことが判明。
青野が持っていた夜行バスのチケット。
3人が、バスに乗り合わせていた可能性が浮上してくる。

バス会社で調べると、3人が、番号の座席に乗っていた。
運転手は、滝井昭二(緋田康人)とわかる。
3人以外に乗客は2人。ひとりは、並木安光(淵上泰史)。もう一人は不明。
そして土門が並木から話を聞くと、
海老原邦夫(金山一彦)という酔っぱらいが乗っていたことが分かってくる。
トラブルばかりを起こしていたようで、
途中のパーキングエリアで、騒ぎを起こし。。。気がつくと寝入っていたと。
運転手を含めた5人が話し合い、男を残し出発したということだった。
そして出発の時、男が大金を持っていたと分かり。。。。

敬称略


今回は、戸田山雅司さん


話自体は、面白いのだけど。

マリコ。。。すでに、“科捜研の女”じゃなく、“京都府警の女”だよね。

土門の役割まで奪っている。

話しも面白いし、佐妃子との関係も、面白いのに。

勿体ないなぁ。。。

活躍させすぎだよね。






最終更新日  2016年02月18日 20時52分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.