19084861 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

アガサ・クリスティ… New! はまゆう315さん

7月24日0時から 東… New! クルマでEco!さん

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… BROOKさん

イントロ 俵のねずみさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2016年02月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『朱色の研究』
「疑惑の女子大生からの挑戦状!?幽霊屋敷の超魔術トリックとは」

内容
ある日の早朝、有栖(窪田正孝)は、妙な電話を受ける。
火村(斎藤工)に、とあるマンションへ向かえという。
すぐに火村と有栖は、指定されたマンションへと向かう。
そこは朱美(山本美月)に依頼された事件に関わるマンション“オランジェ橘”
マンションに入ろうとしたとき、2人は、若い男とすれちがう。

そして、指定の部屋へ行くと、若い男と同じニオイが漂っていた。
直後、男性(大高洋夫)の遺体を発見する。
状況から見て、別の場所で殺された後、運ばれたと思われた。
鍋島(生瀬勝久)らの聞き込みでも、目撃情報などはなかった。
だが火村は、朱美が関連すると感じ取る。

2年前、ピアノ教師・大野夕雨子(上野なつひ)が
黄昏岬の崖の下で遺体で発見された事件。
遺体には、二度殺された痕跡が残っていたのだ。
捜査線上に、一緒に別荘に来ていた数名が浮上。だがアリバイも動機もなかった。

その後、朱美が遺体を確認し、被害者が、朱美の叔父・山内陽平と判明する。
マンションには、いとこの宗像正明(鈴之助)も住んでいた。
正明は、6年前、放火で亡くなった朱美の親戚、宗像庄太郎(田口主将)の息子。
陽平は、正明の母・真知(高橋ひとみ)の弟。ふたりとも2年前の関係者だった。
正明の話では、2年前の関係者は。
朱美、陽平、正明、真知、そして正明の後輩の六人部四郎(山本裕典)
火村が、マンション前ですれ違った人物について伝えたところ、六人部とわかる。

敬称略



相変わらず、途中に混ぜられた“別の話”は、かなり気になるが。

ただ、。。。。本編の話の腰を折っている。。。としか感じられない。

ほんと、邪魔。

カメオは許せますけどね。まあ。。。カメオ自体も、どっちでも良いんだけど。

ただね。

1つの祭りとしては、こういうのも良いと思うんだけど。

疑問なのは、その効果。

効果があるとは、到底思えないのだが。

ちなみに、ほんとうに効果があるとすれば。

他局の番組からのカメオ。

間違いなく、話題になります。


とりあえず、今回、良かったことは。。。2つ、いや、3つか。

先ずは、有栖に、それなりにでも役割が与えられたこと。

火村と一緒にいない部分が有るだけで、違いますよね。

で、2つ目は、わずかに演出を変更したこと。

微妙に小ネタが散りばめられていますからね。カメオ以外に。

意外と、このあたりが、今作らしさなのかもしれません。

そして最後に、ずっとフラグを立てていた、朱美の案件を持ってきたこと。

この3つは、ほんとうに大きいですね。


まさに、マンネリ打破

これで、謎解きが、古典的なネタじゃなければ、もっと楽しかっただろうに。

開始数分で分かってしまった。。







最終更新日  2016年02月22日 00時39分10秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.