19078679 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

イントロ New! 俵のねずみさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2016年02月24日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「物理学者と猫」

内容
遺留品の返却へ向かう右京(水谷豊)と亘(反町隆史)
2ヶ月前に事故で亡くなった成田知子(大沼百合子)が親しかったという、
帝都大准教授、堀井亮(正名僕蔵)に手渡そうとするが、いなかった。
右京は、遺留品の研究ノートにある“RT”と赤いペンで書かれているのが、
どうしても気になっていたのだ。

その後、大学職員である夫の成田裕二(中丸新将)に返却することに。
量子コンピューターの実験に成功したという大学教授だった知子。
裕二は、研究内容に関しては、良く分からないという。
そこで研究を引き継いだ、山嵜麻美(林田麻里)准教授に話を聞くことに。
やはり事故のようだが、堀井は研究室にいるはずだと言うことだった。

もう一度、堀井の研究室を訪ねた右京と亘。
堀井に招き入れられると、研究室には猫がいた。
右京は“シュレディンガーの猫”について思い出す。

そんななか、学内にサイレンが鳴り響き、研究室で事故が発生したとわかる。
駆けつける右京たち。。。。何らかのガスが使われていると、
扉を開けるのを引き留める堀井。
しばらくして、換気が終わり、扉を開けるが。。。すでに麻美が亡くなっていた。

その後、現場にやって来た米沢(六角精児)に耳打ちをする右京。。。。

敬称略


今回は、徳永富彦さん

監督は、兼崎涼介さん



さすが徳永富彦さんというべきだろうか。

まあ、SF作品では、ベタと言って良い内容ですね。

最近じゃ、2014年の某局の某作品ですが。

さすがに、刑事モノでは、ここまでのは、ホントに珍しい。
(全く無いわけでは無い)

途中の展開、演出も含めて、

シリーズ上でも、かなり異色のエピソードですね。

一応、今作は、“本格・刑事モノ”ですしね。


っていうか、このエピソードで、よくゴーサインが出ましたよね。

ただし、本来の《相棒》というのは、

杉下右京の特殊性に単を発する通常の刑事モノとは一線を画している物語

それを、“相棒”というパートナーの存在が、

普通に見ることの出来る刑事モノへと昇華させていたのである。

そういう意味じゃ、

今回の挑戦的なエピソードは、好みの問題や、

視聴者にとって分かりやすいかどうかと言う問題もあったとしても、

本来の《相棒》らしいエピソードだったと言えるかもしれません。

右京だけでなく、意外と亘も目立っていましたしね。


ちなみに、個人的に、最も驚いているのは、

今回の、かなり特殊な構成の物語を、1時間で収めたことですね。

それでいて、《相棒》らしさもあり、面白味もあったし。

ほんとに猫を上手く使って見せましたね。。。オチも素晴らしい。。

個人的には、ここ10年の《相棒》で、一番のエピソードですね。


もちろん、好みがあるのは言うまでもありません。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/1114f43c3630588aebe7a13bd4b43a7e






最終更新日  2016年02月24日 21時56分14秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.