19078732 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

イントロ New! 俵のねずみさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2016年02月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『耳撃者』
「音で暴く美人作家のダイイングメッセージ~時計が遅れる密室」

内容
人気小説家・大文字智子(根本りつ子)の変死体が発見される。
現場へやって来たマリコ(沢口靖子)たちは、
遺体周辺に散らばる菊の花びらに驚きを隠せなかった。
しばらくして、第一発見者の水道局職員・片岡裕二(永島敏行)らが現れる。
土門(内藤剛志)は、片岡を見て驚く。高校の同級生だった。
片岡によると、漏調で水もれを調べていたところ、妙な物音を聞いたと。
駆けつけて、遺体を発見したと言うことだった。
車輪のような音だと言うが、話を聞いた土門は、なぜか、冷たく。。。。

その後、自宅を訪ねる土門たちは、めいで事務所代表・友坂梨香(野村佑香)や、
出版社の担当編集者の岩瀬厚一郎(ヨシダ朝)から話を聞くことに。
最新作の執筆中だったらしいが、パソコンが紛失していた。
状況から自宅で殺され、発見現場で遺棄されたと思われた。
直後、自宅を双眼鏡で覗く女性をみつける。
梨香の話では、“菊丸”こと関田陽子(竹内都子)という熱心なファンらしい。

科捜研に戻ったマリコたちは、遺留品の菊や、鈴、
残されていた原稿の鑑定を開始する。
やがて人力車車夫の川添卓弥の存在が浮上する。。。

敬称略

今回は、吉本昌弘さん



「いつもの土門さんらしくない」


着眼点が、面白いですね。音ですから。

こういう捻りの面白さこそが、今作の魅力。

まあ、土門のことを混ぜてしまっているのが、

ちょっと残念でしたが。そのうえ、このネタは、以前。。。。

こういうのも今作なので、okと言えばokでしょうか。


ただ、おかげで?

“マリコの事件簿”に近くなってしまっているのが、

気になりますけどね!

でも、今回は、久々に面白かったので、これでもokかな。






最終更新日  2016年02月25日 20時52分43秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.