19067104 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

麻子退場>『なつぞ… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「東京喰種 … New! BROOKさん

THIS IS U… New! はまゆう315さん

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2016年02月26日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「さらば冬彦!7年間封印された巨悪の陰謀Xレポートを暴け!」

内容
ある夜、冬彦(小泉孝太郎)は、ある男性に声をかけられる。
7年前の事件。。男性は元刑事、佐藤圭作(徳井優)
島本(団時朗)刑事局長が、事件の再捜査をしていないという。

翌朝、佐藤が遺体となって発見される。
娘・夏音(川島鈴遥)が確認にやってくる。
古河(手塚とおる)によると自殺と断定したと冬彦らに告げる。
やはり、何かを隠しているようだった。
あまりのことに、冬彦は7年前の事件の自ら再捜査をすると、島本に宣言。

ゼロ係に戻った冬彦は、寅三(松下由樹)らに調べていた事件の説明をする。
7年前、ヤミ金社長、高岡が視察された。
3日後、夏音の父・小原茂樹が逮捕。
現場で見つかった薬の包装シートから、小原を特定。
小原の部屋から、ナイフが発見されたことから、犯人とされた。
が、冬彦の調べでは、包装シートは現場検証翌日に発見されていた。
そのうえ、小原に処方されたのは、事件翌日と分かったという。
状況から、警察関係の人間が、濡れ衣を着せた可能性が高かった。

一方、古河も疑問を抱きはじめていた。

そんななか、冬彦の勢いに押され、調べはじめるゼロ係の面々。
やがて、すでに退官している尾間邦彦(東幹久)が浮上する。
事件当時、尾間の父は、本庁副総監だった。

同じ頃、寅三は、岩瀬厚一郎(寺島進)から思わぬ情報を得ていた。
当時、参事官だった島本が関わっていると。

そのころ、島本は、警視総監の中村幸一(竜雷太)に連絡を入れ。。。

敬称略


原作がある事なので、仕方ないのだが。

これ、ゼロ係の面々、それぞれが出世、復帰をちらつかせられていた方が、

良かったかもしれませんね。

そうすれば、それぞれが警官で有ることが分かるし。

今までのように、いる意味が無い状態。。。ってのが無くなりますしね。


今作、話自体は、面白いんだけど。

主人公だけしか、動いていませんでしたからね。

タイトルが。。“ゼロ係”なのに。

モッタイナイ。。。ってのもあるんだけど。

役割が与えられていないので、モヤモヤがあったのだ。

気がつけば、冬彦の単独捜査に見えてしまっていたし。


もう少し精査していれば、確実に面白かった可能性が高いですね。

俳優が、勿体ないんですよね。。。。


ただ、冬彦のキャラが良いだけに。。。。最終回が、かなり良かっただけに。。。

1,2回、2時間ドラマを作った後、再挑戦しても良いかもね。

っていうか、寺島進さん。。。。。(笑)



最後に、どうでもいいこと

ラストを見ていて、驚いてしまった。脚本。。そっか。。。そういうことね。






最終更新日  2016年02月26日 20時51分38秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.