19056576 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2016年03月12日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「全ての謎が繋がる!山猫、立つ」

内容
“結城天明”の屋敷に潜入した山猫(亀梨和也)と勝村(成宮寛貴)
が、関本(佐々木蔵之介)から連絡が入り、作戦は失敗する。
そのうえ、山猫は“結城天明”が差し向けた殺し屋“カメレオン”こと勝村
の手により、銃弾に倒れてしまう。
真央(広瀬すず)里佳子(大塚寧々)は、警察到着前に、逃げ出すが。。。

駆けつけたさくら(菜々緒)は、屋敷の中で瀕死の山猫を発見。
山猫は、自身を撃ったのが勝村である事を告げ。。。。

アジトで、山猫たちの心配をする真央と里佳子。
そこに勝村から電話がかかってくる。
勝村は、山猫が無事である事を告げるが。。。その直後、結城から指令が下る。
山猫の仲間を始末しろと。

一方、山猫は、さくらのもとに匿われていた。
そんなとき、“怪盗山猫の真実”という原稿が勝村から届けられる。
そこに書かれていたのは、山猫の過去。
20年前、ある計画のため結城により集められた子供たち。
その一人が山猫だった。

敬称略



ついに、全てが判明!!

って感じ。


いままでも、そういう役が無かったわけじゃ無いけど。

やはり《相棒》の効果は、かなり大きいかもね。

以前のコミカルな役も、現在の役も、すんなり入ってくる。

それだけ、上手くなったってコトもあるんだけど。

でも、イメージってのは、本当に変えるのが難しいのだ。


脚本、演出、そして俳優の三位一体だけで無く。

それ以上のモノを感じ取れるのが今作《怪盗山猫》

俳優それぞれにとって、本当に良い作品になった感じがします。


あ。。。総括になってる。。。。


次回の最終回

“次”に繋がるような最後であって欲しいモノです。


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/d4ab21512e065da1ade2194cb35b36a9






最終更新日  2016年03月12日 21時54分55秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.