19263797 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

セミオトコ  第3… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本を出版したい方へ♪… New! 鹿児島UFOさん

南越谷阿波踊り2019 New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

優>『なつぞら』第1… New! ひじゅにさん

TIF 対 NHK YOSHIYU機さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

2016年03月18日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「愛と希望の結末は…生きること愛することそして生まれてきた意味とは?」

内容
“猶予”が無いと知らされた恭子(綾瀬はるか)友彦(三浦春馬)
自暴自棄になる友彦。その直後、友彦に3度目の提供の通知が届く。
友彦は、介護人を辞めるよう恭子に伝える。恭子は必死に説得するが。。。

自暴自棄となった友彦は、食事、薬を拒否。
そんな中、恭子は龍子(伊藤歩)と再会する。

敬称略


最後まで貫き通したことだけは、評価した良いだろうが。

ただ、それにより、作品が面白くなったかどうかは別の話。

ハッキリ言って、スタッフの独りよがり。

それ以上でも以下でも無い。


そもそも、今作の根本的な間違いは。

今作が“現実的では無い”と言うことを、

シッカリと明示しなかったことだ。

もちろん、“ドラマ”というのは、そういうモノでもあるから、

現実的で無いことを否定しているわけでは無い。

いわゆる、フィクションというのは、そういうモノだからだ。

しかし、
読者を、なんとなく煽り、想像任せにすれば良いだけの文字媒体とは違い。

映像媒体である、ドラマは映像で魅せなければ、意味は無いのだ。

それは、全てを見せると言うことではない。

見せても、見せなくても良いから、視聴者を魅せると言うこと。

視聴者に、なんとなく理解させると言うことなのだ。

その部分を今作は、無視しすぎている。

セリフや、雰囲気だけで、ナントカなるだろうと考えたのかもしれない。

でも。。。それが魅せていなければ、意味は無いのだ。

俳優?

そんなもの、ファンで無ければ、全く意味の無い要素である。


個人的な印象を書くと。

今作の脚本の状態からすると、

大枠。.大きな流れ。。。そしてセリフ等は、

ある程度、原作から持ってきていると推測される。

原作未読であっても、そういう風に見えてしまうと言うこと。

そう。今作。。。このドラマを観た印象から来る原作への印象は、

かなり雑だと言わざるをえないだろう。

正直。。。。こんなモノがベストセラーだなんて。。。。。。(失笑)

日本のアニメ、漫画の方が数段上だと断言できます。


どういう思惑などから、こういった原作を持ち込み、企画したか分かりませんし。

どういう意図で、こんな演出で、こんなドラマに仕立てたのか分かりませんが。

この程度なら、2時間もあれば十分。

1クールのドラマは、作るべきで無かったと言えます。

それこそ、

某局の《世にも奇妙な物語》なら、15分程度の内容しか無いです。

その程度の作品です。


最後に。

きっとね、
命をテーマにしているから、軽々しく扱いたくなかったのかもしれない。

でも、内容で魅せること無く、セリフで煽ってばかり。

気がつけば、俳優で魅せようとしてばかり。そこもセリフだけ。

結果的に、重く扱っているようにも見えなくなってしまった。

セリフじゃ無く、映像で魅せなきゃ。。。。







最終更新日  2016年03月18日 22時52分17秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.