19450146 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

おしん  第144話 New! はまゆう315さん

パーソナルモビリテ… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】最… New! ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

千葉県の台風災害へ… 鹿児島UFOさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2016年07月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「敵は身内!?部長として母としての戦い」
内容
斎藤常務(石丸幹二)から、もっと部下を見ろと叱咤された奈津子(松嶋菜々子)
早速、営業開発部の面々に自己紹介をさせるのだった。
しかし、その最中に、息子を預けている保育園から電話が入り。。。。

その夜、夫・浩太郎(原田泰造)から、義母・周子(松原智恵子)のことを聞く。
その直後、米田(板尾創路)から、自己紹介に問題があると連絡はいる。
神崎あすか(足立梨花)が辞めると言っているという。
そのうえ、今西朋美(中村アン)への態度に問題があったと言うことだった。
パワハラになる可能性があると。

翌日、奈津子は、あすかと朋美をランチに誘い、ご機嫌取りを。。。
その帰り道、朋美と歩いていた奈津子は、
つけまつげで急成長している“マイキュート”という会社の存在を知る。
奈津子は、早速、宣伝販売の織原サキ(高橋メアリージュン)に売り込み。
するとサキから、コスメフェアで
大手の“リナージュ”より集客出来れば、考えても良いと言われる。

米田達に話をすると、無理だということ。
それでも、奈津子は、朋美に任せ、営業開発部でフォローを命じるのだった。

その夜、子供を迎えに行った後、義母を迎えて夕食。
すると周子は、シッターの坂部深雪(伊藤歩)に連絡を入れ。。。。

そのころ、高木(松田龍平)は、
リナージュ化粧品の宣伝部長、玉垣ひとみ(峯村リエ)と会食していた。
コスメフェアで、リナージュのイベントを高木が手掛けることになったのだ。

まさかの事態だったが、奈津子は、米田の反対をよそに。。。。。

敬称略



子供を送っていくだけ。
開始1分で終了。

会社で、自己紹介

6分。。。園から電話で、お迎え。

直後、家庭で夕食

7分、部下の米田から電話

8分、鍋

その後は。。。。お仕事。

18分、お迎え。...夕食。

義母から、出来合いだと。..指摘され。。

。。。。もう、メンドー


今作は、あくまでも“家庭と会社で奮闘する主人公”を描くということだ。

これ、会社のことは、横に置いておくとして。


この20分頃までの描写で、

“家庭に奮闘”“子育てに奮闘”だと言えるのだろうか?

ということだ。

よく見れば分かるし。。義母のダメ出しもあるから、分かるけど。

これで、夕食を作ったと言えるのだろうか???

送り迎えの自転車姿だけで、子育てしていると言えるのだろうか???

その主人公。。。。毎日では無いが、シッターを雇っているのだ。


ハッキリ言うが。

この吉良奈津子の態度など。。。。

スタッフは、世の女性にケンカを売っているのか?


私には、奈津子への不快感しか感じない。

そうでなくても、演技にメリハリが無く、単調なのに。しゃべらせすぎだし!!!!

そのうえ

やっていることまで、劇中で既視感を生み出すというアリエナイ展開、演出で。。。。。

あげく、
仕事に関しても、特に、仕事をしているようにも見えず。

実際、部下任せで、仕事中に私用メール。。。。。


どれだけ好意的に見ても、

主人公の奈津子が、頑張っているように感じられません。


若干、詰めの甘さはあっても、

描こうとしている事自体は、間違っている印象が無いことから。

問題は、脚本では無く。演出と俳優だね。



これ、よっぽど上手くやらないと、もう取り戻せないんじゃ???


思うんだけど。。。。

コドモは、義母。。。で、義母は理解があって。。。。

それで、仕事に奮闘。。


それだけで、良かったんじゃ無いのかな??


欲張りすぎて、破綻しているような気がする。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/38a241c78f26ac5499341bbba0470758






最終更新日  2016年07月28日 22時52分05秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.