19084416 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

アガサ・クリスティ… New! はまゆう315さん

7月24日0時から 東… New! クルマでEco!さん

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

イントロ 俵のねずみさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2016年07月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋」
内容
クラスメートに促され未羽(黒島結菜)と翔平(菊池風磨)はキスをする。
しかし翔平は、未羽の記憶を書き換えていることに不安を覚えていた。

一方、吾朗(竹内涼真)は未羽への想いを抱きつつ、受験勉強にいそしんでいた。
そんな息子・吾朗に父・努(田口浩正)は期待し。。。。

ある日のこと、吾朗は、受験をしたくないと言い始める。
「やりたいことをやるよ」
父の理髪店を継ぐのが、昔からの夢だったという。
激怒する努は、店は継がせないと明言。よそでやれと告げる。
すると吾朗は、家を飛び出していき。。。。

吾朗が家を出て行ったと連絡を受けた未羽は、翔平と捜し始めるが見つからず。
そこで、未羽は翔平を連れてタイムリープする。

敬称略



微妙に構成に難のある今作。

仕方ないって言えば、仕方ないんだけど。


過去に、数多く、映像化されてきている原作なので。

結局、描くことは決まっているのだ。

それを利用して、どんな風に膨らませて“連ドラ”にするか?

だった。


まあ。。。これが、ギリギリかな。

“現代”“現在”の状況を考えれば、

もうちょっと、いろいろと工夫できたと思いますね。


そこだけは、残念だったところ。

とはいえ。

やっぱり、描くことは決まっているので。

いや、青春というのは、不変のテーマだし。

ブレること無く“青春ドラマ”を描いたと言うべきかな。



最後に。

決着つけなきゃならないコト、かなりたくさんあるのに。

これ、最終回で、まとめること出来るのかな?



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/f8727c311299e5552896248981265a11






最終更新日  2016年07月30日 21時52分44秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.