19079414 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

THIS IS U… New! はまゆう315さん

イントロ New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2016年08月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「先生の命の炎」
内容
樋熊(寺尾聰)の娘・奈津紀(多部未華子)が、教育実習生として
美崎高校にやってくる。音楽の授業と吹奏楽部のコーチをはじめる。
一方、青島(村上虹郎)木藤良(真剣佑)も加わった吹奏楽部は活気が出てきた。
しかし、練習を始めるが、どうしても上手くいかない。
樋熊は、心がバラバラだからだと注意。
部の結束を高めるために合宿を提案する。
鮫島(升毅)教頭は、猛反対するが、
新井(尾美としのり)が協力を申し出てくれたことで、合宿が出来ることに。

そして合宿に訪れた施設で、渚(石井杏奈)井川(健太郎)は、驚く。
吹奏楽部の名門である明宝高校も練習をしていたのだった。
「コレも勉強だよ」という樋熊。
だが井川は、自身が受験に失敗した高校であるだけでなく、
親からは合宿より勉強と言われていたこともあり、苦悩する。
そのうえ、その吹奏楽部に中学時代の同級生・小池克之(泉澤祐希)の姿が!
吹奏楽部の顧問・樽屋哲郎(東根作寿英)からは、冷たい言葉が。。。。。

敬称略



5人組が加わったことで、

ようやく、“吹奏楽部”の話しになった今作。


とりあえず、一致団結へ向けて、動き出す。。。ってことのようだ。

ま、ベタである。

見せ方自体も、主人公・樋熊を中心にして描いていますしね。

もちろん、“今回のメイン”も、中心にして描かれている。


これまでの話に比べると、間違いなくバランスが良くなって、

見易くなっていますね。

無駄に5人組を前に押し出していませんし。


いや、“普通”になったというべきだろうか。

正確には、“見たかったモノ”になった。。。。ですね。


ただ、こうなると。

前回までの話で、吹奏楽部を描かなかったのが、少し痛いですね。


これ思うんだけど。。。。5人と不良の抗争を描くんじゃ無く、

5人と、吹奏楽部を描いた方が、もっと良かったんじゃ?

だって、その人間関係こそが、作品の肝だよね?


TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/f904bc7e3cfc4f8c93bd7fd1874d6818






最終更新日  2016年08月07日 21時53分04秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.