19084694 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

アガサ・クリスティ… New! はまゆう315さん

7月24日0時から 東… New! クルマでEco!さん

今年は 色んな事が「… New! 鹿児島UFOさん

噂>『なつぞら』第9… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… BROOKさん

イントロ 俵のねずみさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ YOSHIYU機さん

京都アニメーション みやさとver.さん

2016年08月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「告白」
内容
千秋(三浦翔平)と花火大会に行く事になったと、
夏向(山崎賢人)に伝えた美咲(桐谷美玲)だったが、思わぬ言葉が。。。

それでも、美咲は、千秋に告白することを決意。
日村(浜野謙太)のアドバイスで、浴衣を購入。
その帰り道、楓(菜々緒)を見かける。

一方、千秋は、店に現れた西島愛海(大原櫻子)に困惑し、
店から追い払ってしまう。

家に帰った美咲は、楓が街を出て行くと言っていたと、
千秋に話した方が良いかどうかを夏向に相談する。

敬称略


夏の恋バナとしては、“正解”に近いとは思うが。

“連ドラ”として考えると。

色々なことを描きすぎているため、散漫な今作。

この時間の無駄遣いが、原因のひとつだろうけど。

微妙に、描写不足が、違和感を生み出してしまっていますね。

特に、美咲と夏向の関係なんて。

もう少し上手くやっていれば、面白かったかもね。

これは、完全な無駄キャラである冬真も同じこと。


そもそも。美咲は、後輩からケーキの人形のキス姿を指摘され。

恋をしていないことを、見透かされてしまったのだ。

だからこそ、今作は、

憧れの千秋への恋。。。そして、態度に、美咲は戸惑っている。

これ自体は、正解だ。

が、ここでひとつの問題が浮上する。

それは、千秋に誘われ、レストランでパティシエをしているだけでなく。

現在、3兄弟とシェアハウス状態なのである。

以前から指摘しているが、その部分の描写が、今作は、かなり甘い。

シェアハウスしている意味が、全く無いと言って良いほどだ。

この程度なら、ただの同僚で十分。


仮に、恋バナならば、千秋とのやりとりだけでなく、

いろいろな“カタチ”があって良いわけで。

夏向、冬真と、。。。。描いているつもりなのだろうけど。

かなり中途半端なのである。

たとえば、夏向に相談する場面。。。。ちょっと不自然だよね。


今回、良いセリフが、出てきた。

“冷静に考えると、正直、ちょっと気まずくない?
 カップルと一緒に暮らすの。”

まさに、これ。

同居してるんだよね。

今作は、この要素を、ほぼ利用していない。

ま、レストラン、パティシエも利用してませんけどね(苦笑)


実は、この要素って、

大昔から描かれている恋バナの要素、設定であり、

上手く使うことで、恋の緊張感だけで無く、

人間関係の見せ場も生まれてくるのだ。

そう。。。恋バナが盛り上がっていく。。。。。のだ。

しかし、今作の場合。

基本的に、“外”での人間関係ばかりを描く。

。。。。なんかね。。。。使えるモノを使わないのって。。。。



単純なことだけど、“外”は、あくまでも“外面”で

“内”は、“内面”のハズなのに。。。。

ま、あくまでも。。。なんですけどね。

そこには、本当は違いがあるハズなのに。


恋から。。。男から、遠ざかっていた主人公が、

イケメン兄弟とシェアハウス。。。。

いろいろ出来るのになぁ。。。。



TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/b46e4737adb20738a3a1b873ff1c776a






最終更新日  2016年08月08日 21時50分50秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.