19076079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

宮迫と亮君のこと New! はまゆう315さん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

究極のMYO(マヨネー… New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

2016年09月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

「本当の親子になるために」
内容
ハジメ(横山歩)がいなくなったことで、
美奈(尾野真千子)信次(江口洋介)の間の会話は消え、
子供を見れば、目を背けるようになっていた。

そんなある日、春代(坂井真紀)巧(速水もこみち)は、
自分たちで子供を作れば良いのではと言う。
だが、ふたりの態度に怒る信次は、ふたりに怒りをぶつけるだけで無く、
母・志乃(浅茅陽子)への怒りにも及んでいく。
父の葬式で思わぬ事を母がつぶやいたと。

そこで、真知(余貴美子)に相談したところ
家庭裁判所に監護者指定を申し立てることも出来ると言うが、かなり難しいと。
一方で、祖母・月子(富田靖子)からの虐待も無いということ。
ただ実母・泉(志田未来)は入院中で、未だハジメと話をしていないらしい。
退院するという話があると言うが。。。
真知は、他の子の特別養子縁組を申し立て、未来に向かって生きることも、
1つの選択肢であると告げる。

どうしても納得出来ないふたりは、長野へハジメを見に行こうと。。。。

敬称略


↑開始10分程度で、この情報量。

もちろん、作風なのは言うまでもないが。

これに違和感を感じないのは、

ほぼ全て“見たいモノ”“知りたいコト”だからだ。

そして重要なのは、無駄が無いこと。

ひとつの“事案”を徹底的に、違和感ない流れで描いているのである。


ハジメが欠けたことで、美奈と信次の“家族”が一気に崩壊。

で、ここで、双方の“家族”を上手く混ぜ込んできた。


ほんと、見事としか言いようがない。




個人的に驚いたのは

扱いが不明瞭だった新井加穂(岡本玲さん)と蘭(根本りつ子さん)

このタイミングで、使ってくるんだね。

たしかに、この2人しか、“善意の第三者”は、いないのだ。

だからこそ、物語の全てが動き始めた。


あとは、結末だけか。。。。

作者が作者だけに、綺麗なオチはないと思うんだけど。。。



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/5498616976f6ca2539d48814cda8b1c5






最終更新日  2016年09月08日 21時53分56秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.