19652879 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

俺の話は長い  第… New! はまゆう315さん

一人前になるまでは… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ラグビーW杯初の8強… New! クルマでEco!さん

台風19号に想う 災害… 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第4… ショコラ425さん

いろいろの巻 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2018年09月18日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
花野(山崎莉里那)の言葉にヒントを得た律(佐藤健)は、
新しい扇風機をつくり上げる。
それを津曲(有田哲平)正人(中村倫也)らに評価してもらったところ。。。。

敬称略


ほんと。

一番近くに居るが、全く何も分かっていないのに。

なぜ、主人公は、自分も分かっているような“フリ”をしたり。

そういう“セリフ”を吐いたり。

今回なら、正人をバカにするような言葉を吐くの?

結局、“何も出来ない”からこそ、“どうでも良い話”の担当なんだよね?

これね。脚本もあるし、俳優の演技もあるけど。

それ以上に、そういうコトになっていることに気付かない演出に問題があるよ。

まあ、それこそ脚本、演出、俳優が、

三位一体で、不快感を生み出してるんだけどね!!(失笑)

っていうか、もう、手遅れで。

三者のイメージの固定化に繋がるだけならまだしも。

最近じゃ、俳優が、固定化に拍車をかけるという。。。。。。。。

その一方で、某局では、いや。。。某局を使って。

ナントカしようと、なりふり構わない策を、作者は。。。。なのですが。


正直、やればやるほど、自分たち。。そして今作の評価が落ちるばかり(苦笑)


そのあとも、ワケが分からないことは続く。

涼次にとられるかも。。。っていうなんて言葉にしても同じだ。

これにも、いくつかの問題がある。

ひとつは、涼次が会いたいと口にしたのは、光江であること。

そう。涼次では無いのだ。

この時点で、感じ無かっただろうか?

確かに、“3オバ”しかいないし。

そのうち、結婚は、めありだけ。

もちろん、涼次の母が長女だから、

“婿”をとっていない限り。。。涼次は、“森山”なのである。

そう。“3オバ”とは、苗字が。。。

ま、そこは、いいや。

が。少なくとも

“3オバ”が暮らせるほど、“大納言”は、順調。

大きな家もある。

そして涼次も、映画監督として順調ならば。

とられるのは。。。涼次では無く、光江。。“3オバ”なのでは?

その方が、本来なら、納得行く話である。

“跡継ぎ”ということを考えれば、涼次より、説得力が有りますしね!


で、コレのは、もうひとつの問題。

そう。光江、涼次たちは、今は順調で。

主人公とかのを食わせていけるくらいなのである。

実質的に無職の主人公とは違うのだ。

もしも、娘のことを考えるなら、無職の主人公より。。。光江、涼次では?


。。。。ってことで

“とられる”という言葉だけでも、違和感だらけ。

そのあとも、正人が、“彼女がいる”のに。。。。ワケ分からないことを。

魔性だと言いたげだったけど。

今作の描写などからすると、

正人が律に主人公を押しつけたのは明白で。


。。。。意味不明なセリフである。



ほんとに。。。この1ヶ月弱でも、崩壊している今作。

なんだよ。これ(失笑)


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-4702.html






最終更新日  2018年09月18日 07時50分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.