19410475 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

石川ひとみ スペシャ… New! クルマでEco!さん

おしん  第138話 New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ソラと優と千夏>『… ひじゅにさん

その1)水泳の池江璃… 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2019年05月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『消えたパンダの謎』
内容
休暇で和歌山に来ていたマリコ(沢口靖子)呂太(渡部秀)亜美(山本ひかる)
近くに居た、父・笠倉茂明(内藤邦秋)母・初子(當島未来)、娘・桃香(小南希良梨)。
マリコたちは、不審な男が、桃香のリュックを奪おうとするのを目撃する。
捕まえようとしたマリコだが、逃走を許してしまう。
防犯カメラ映像と顔認証システムを駆使し、
3日前に、京都で強盗傷害事件を起こし指名手配中の新浜陽一(小柳友)と判明。

洛南コンサルタント、顧問税理士・結城隆司(内野謙太)が、
事務所内で強盗に遭った事件だった。
金子康晴(川鶴晃裕)社長の話では、盗まれたのは手提げ金庫。50万程度。
犯人に、心当たりはないと言う。

マリコは、和歌山県警の富田拓真(小宮孝泰)捜査一課長に
事情を伝えた上で、協力を申し入れるが、拒絶されてしまう。

そんななか、桃香が、病院から姿を消す。
防犯カメラ映像から、桃香は、新浜に連れ去られたと分かる。
和歌山県警は、富田一課長の指揮で、ローラー捜査を開始。
それに異を唱える、県警刑事・熊谷馨(平岡祐太)
その熊谷に、マリコが協力を申し入れる。“科学の力”で協力すると。

一方、京都では、蒲原(石井一彰)とともに
日野(斉藤暁)宇佐見(風間トオル)が、新浜のアパートを家宅捜索。

敬称略


脚本は、戸田山雅司さん

監督は、兼崎涼介さん



相変わらず、自由すぎるマリコである(笑)

休暇中に仕事をするなんて。。。。サスガだ。

なかなか良いのは、呂太と亜美の態度の違いだろうか。

意外と呂太が、好意的に協力してるよね。

ほんと、意外。


ってか。。。。。やっぱり、記念番組っていうのも兼ねているんだね。

管轄外であるコトは、ともかく。

ほぼ“2サス”の短縮版だよね。これ。

最近は、

舞台が京都なのに、あまり京都らしくないエピソードが多い。。。

いや、京都で無くても成立するエピソードが多い《科捜研の女》

本来は、記念番組なんだから、

今回みたいに、“和歌山らしさ”ならぬ“京都らしさ”を

もっともっと、出すべきなんですけどね。

番組開始前に、

“京都の四季を。。。”と沢口靖子さんが、

言っていたじゃ無いか。

今期は、そういうのを期待していたのに。

現在は、今までのシリーズと、それほど変わることなく。

今まで以上に、京都で無くても良いような感じだし。

今回を見てしまったからこそ、

。。。。今後、そういう路線で進んで欲しいです。

じゃないと、“京都”の意味が無いです。



にしても。ほんと、どうでも良いコトなんだが。

和歌山だから、三段壁か、千畳敷か。。。。と思っていたら、

やっぱり。。。(笑)

いやいや、ホントは、天橋立にすべきだろうに。。。。



。。。。続くのか!






最終更新日  2019年05月30日 21時00分00秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.