19240001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

なつよ、新しい命を… New! ひじゅにさん

あなたの番です  … New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

9月1日 母からのバト… クルマでEco!さん

「ツインレイ」いま… 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「イソップ… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

夏のいろいろ 俵のねずみさん

毎日、暑いです。 うさこ(^o^)さん

a-nationとTIFの間 YOSHIYU機さん

2019年07月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
“風車”に帰ってきたなつ(広瀬すず)
すると見慣れぬ男がいた。
夕見子(福地桃子)によると、駆け落ちの相手・高山(須藤蓮)だった。

一方で、短編映画では、下山(川島明)が、原画を描くと言い始める。
困惑するなつ、麻子(貫地谷しほり)たち。
すると、坂場(中川大志)が、仲(井浦新)井戸原(小手伸也)ともめたという。

敬称略


よくもまぁ。こんなに面白くない話をやろうとするよね(失笑)

そもそも、脇役のそれも。。。そのオマケだし。

すでに、その時点で、全く興味がないのだ。

仮に、メインと重ねたとしても。

今作って。。。下手だから。


実際、今回にしても、

今作は。。。いや、作者は、2つの要素を絡めようとしている。

ひとつは、見ての通りの恋バナ。

もうひとつは、漫画映画を絡めた、考え方の違い。


そこは、理解しているんだけど。

正直、サブとメインという、元々の“大きな差”があるわけで。

そんなモノを。。。それも、ほぼ興味がないサブを絡める必要性は、

全く無いと言うことである。


もっと大きな間違いを犯しているのは、

後者の考え方の違いというのは、

その、登場人物。。。坂場という要素があるために、

かなり分かりにくいので有る。

もちろん、モチーフだとか、そういうのがあるから、

なにも間違っていないんだけど。

ここまで、分かり難くなると。視聴者に伝わらないということ。

視聴者に伝わらないと、視聴者は、面白いと感じない。

そういうことだ。

例えば、坂場は、基本的に分かり難い。

だったら、それを、主人公が聞くことが多いんだから、

主人公が、かみ砕いて、分かりやすく、主人公が表現すれば良いだけなのだ。

なのに、今作は、そういうことをしない。

いや。。。。放棄している。

坂場で描いているんだから、それで良いと。


でもね。それが間違っているのは。

視聴者に伝わるかどうかと言うだけで無く。

主人公にも伝わっているように感じられないと言うことなのだ。

今作は、主人公を“そういう風”にしか、表現してきていないからだ。

ハッキリ言えば。

主人公。。。理解出来ていないだろう。。。と感じてしまっている(笑)


そう。完全に、脚本と演出のミス。

“連ドラ”だからこそ、こういう印象になると言うことである。


にしても。。。。ほんと、。。。。にしても。。。だ。

麻子だって、茜だって、下山。。そして。。。モモッチも含めても良いかもしれないが。

主人公と関わっている人物は、沢山いるのだ。

仲、井戸原は、別として。

神地は、絡めない方が良いかも。

だったら、

そういう部分をもっと利用して、主人公と坂場を描けば良いだけなのである。

どうでもいい、脇役の話を描くならば。

“未来”を考えれば、重要な話なんだから。

なぜ、もっと、丁寧に描こうとしない?

咲太郎、夕見子、雪次郎なんて、どうだっていいよ。



TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5339.html






最終更新日  2019年07月16日 07時50分25秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.