19669932 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

おしん  第171話 New! はまゆう315さん

第46回東京モーター… New! クルマでEco!さん

泥棒>『スカーレッ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

ハイキュー!!、終わ… みやさとver.さん

綾の光時通信、時事… 鹿児島UFOさん

秋ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

いろいろの巻 俵のねずみさん

2019年09月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」
内容
杉山千夏(粟野咲莉)が“マコプロ”にやって来た。
“大草原の少女ソラ”のファンだと聞き、
麻子(貫地谷しほり)はセル画をプレゼントする。
やりとりに何かを感じたなつ(広瀬すず)は、帰ろうとすると千夏を追いかける。
そこには、千夏の母・千遥(清原果耶)の姿があった。

敬称略


演出は、田中正さん


アバンで。。。前回感じた違和感を、もう一度感じたよ。

そらね。社長は麻子かもしれないが。

子供とやりとりをする麻子。。。離れて見つめるだけの主人公。

どうだろう?

印象は、麻子の優しさ。。。だよね?

こういうのだよ。こういうの。

主人公に優しさ。。。子供への愛情を感じないのは。

何度も書くようだが。

状況から、ヒマだった麻子がってのも、分かるんだけどね。

でもなぁ。。。。やはり"ドラマ"は"ドラマ"なのである。

麻子が相手をしている子供の中には、主人公の子供もいるわけで。

"ドラマ"なんだから、主人公こそが相手をすべきだったのだ。

たとえ、御都合主義でも、それが"ドラマ"であり、

違和感を排除することが出来るからである。


。。。ほんと、こういうところだよね。

登場人物が見えず、“連ドラ”として違和感を感じる部分。

こういうの。。。今作、ズッとやり続けていますからね(苦笑)


それにしても。

。。。。う~~~んん。。。。

前回は、清原果耶さんが画面に映る程度だったが。

主人公とのやりとりを描くと。

。。。。年齢差以上に、キャリアで埋めることが出来ない

俳優の才能の差を見た感じがするよ。

清原果耶さん。。。千遥の方が、主人公よりも年上で、母親に見えてしまった。

そして、僅かな時間なのに、千遥の苦労まで伝わってきたよ。

演出も酷なことをするよね。

画面のカットなどは、ベタなホームドラマで。

前述のやりとりも、それほど悪いわけでは無いが。

一緒に映ったり、切り替わりが早いと、見えてしまうのである。

いやぁ。。。。差が付いたねぇ。。。。今作の中でも。

そらね。"ドラマ"だから。。。とか。

いろいろとイイワケをすることも出来るんだけど。

そのイイワケを使ってしまうと、

結局のところ、主人公が苦労しなかったこと。。

十勝でも苦労していないと、主人公自身が言っていたし。

東京でも苦労らしい苦労していないし。

そういう部分が、際立ってしまうんですよね。

こうなると、違和感が生まれるだけで無く。

ストーリーの説得力が消えてしまうのは、言うまでも無いコト。

反映しているはずのアニメにも。。。。。ってことになってしまう。


これ、先日。。。ワザワザ、最終章について、

展開と内容について、間接的に公表。。。発表してましたけど。

最終回まで、違和感を感じさせるつもりのようだ(失笑)

大失敗確定だね。

ラスト1か月。。。そして最終章では、

もうちょっと、なんとか。。。と期待していたのに。。。。。



しっかし、崩壊させたよね(笑)

話が支離滅裂っていうだけなら、我慢できることもあるが。

支離滅裂なだけでなく。

演出的にも。。。そして主人公俳優が、率先して違和感を創出。

これ、もしかしたら、

主人公の部分を全削除した方が、楽しめたんじゃ?(笑)

主人公を脇役のように演出して。

粗が目立たなくなるし。

基本的に、話の流れを阻害しているのは、

主人公自身の存在だからね。

"ドラマ"では、アリエナイ話なのだけど。。。。

いろいろな意味で。間違いなく邪魔だし。

TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5463.html






最終更新日  2019年09月16日 08時03分03秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.