19630780 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

科捜研の女  第1… New! はまゆう315さん

LakeTown イルミネー… New! クルマでEco!さん

電話>『スカーレッ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (10… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

変容シンロの波に乗… 鹿児島UFOさん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2019年09月18日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
廃工場で、岡崎誠(井上康)という男性の刺殺遺体が、発見された。
その手には、紙の切れ端。天樹(東山紀之)は、
被害者の所持品に、水田純平と書かれた名刺を見つける。

そんななか、捜査会議が開かれ、天樹たち専従班の出席。
そこにやって来たのは、沙村(高嶋政宏)。管理官として指揮を執るよう。
早速、沙村は、専従捜査班を外すと宣言する。
片桐(吉田鋼太郎)が食い下がろうとするが、組織捜査が出来ないからと。
聞き入れられなかった。

捜査会議で様子がおかしかった水田(倉科カナ)に気づき、
天樹は、理由を尋ねると。名刺は水田の父・純平(河相我聞)の物だと。
16年前、外交官だった父が帰国した日に、転落死したということ。
そして父の部屋で、岡崎の写真を見かけたと言うことだった。

気になるならば。。。と天樹に背中を押される水田。
専従捜査班は、沙村から圧力を受けながらも、捜査を続けることを決める。
やがて。。。。

敬称略


監督、脚本は、及川拓郎さん


なんか、気のせいか。

数シーズンぶりに、“らしさ”を見た感じだね。

毎シーズン、なんらかのテーマを決めて、

“らしさ”を求めている今作だが。

正直、毎シーズン。。。盛り上がったとは言えない状態で。

テーマはあるのに、ただのベタな刑事モノ。

それも、特徴らしい特徴が無い刑事の刑事モノで。

明らかに、毎シーズン、迷走を続けていた。

特徴的キャラの山下が退場し。

主人公と対立軸にあった沙村が退場した時点で。

すでに、今作の登場人物には、何も無くなってしまっていたのだ。

なのに、テーマを決めたところで、盛り上がるわけがなかったのである。

迷走の原因が、登場人物のキャラがハッキリしていないこと。。。なのに。

今回、ようやく。。。“組織捜査ができない、しない”ことを、明言。

そう。ほんとは、そこだったハズなのである。

特に、主人公の天樹が。

それさえ、ハッキリさせて、

組織で動く、他の部署に先駆けて、事件を解決するだけで良かったのだ。

。。。構図としては

“特命係”と“捜査一課”の《相棒》と同じなのだ。

テーマなんて、どうだって良かったってことである。

面白いかどうかは、そのあとの話。

もっとね。そういう路線で攻め続けて、マンネリと言われるくらいになって、

そこで、ホントの意味で、大きなテーマを決めて物語を作るべきだっただろうに。

奇を衒う展開、演出なんて、どうだって良いのに。。。。

今回なんて、それぞれのキャラが際立っているし。

こういうのだよ。。。こういうの。

なぜ、出来なかったかなぁ。。。。。

“組織に抗うことしか出来ない厄介者の集まり”

ただ、それだけで、良かったのに。






最終更新日  2019年09月18日 22時09分39秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.