19855130 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

帰蝶(濃姫)は、沢… New! クルマでEco!さん

ドクターX 外科医… New! はまゆう315さん

君のことをまだ何も… New! YOSHIYU機さん

世代交代>『スカー… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

新作映画「ターミネ… 鹿児島UFOさん

おや?いつの間にか… 俵のねずみさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2019年10月14日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
若宮(岩田剛典)のマンションに転がり込んだ獅子雄(ディーン・フジオカ)
そんななか、江藤(佐々木蔵之介)から依頼が入る。
電車にはねられ、死亡した女性。遺留品から高橋博美とされたが。
戸籍などを辿ると血液型が違っていて、別人だと思われるという。
女性の自宅を調べに向かった獅子雄、江藤、若宮。
すると女性は、何らかの理由で“高橋博美”になろうとしていたことが判明。
佐々木守(内村遥)と付き合っていたことが分かり、事情を聞くことに。
佐々木によると、博美が不倫相手の妻から訴えられ、
弁護士沙汰になったいたコトが分かってくる。

獅子雄は、担当した青木藍子(菅野美穂)という弁護士に話を聞くが。
守秘義務があると、詳しく話してくれなかった。
ただ、その態度から、違和感を感じ取る獅子雄は、
事務所で働く河本美沙(岸井ゆきの)に。。。。

敬称略


脚本は、井上由美子さん

演出は、野田悠介さん



前回は、初回そして、“シャーロック”というコトだけで無く。

相棒になる若宮が当事者だというコトもあって、

全体の話の構成が、イレギュラーだった。


が、今回は、キッチリと“相棒”として描いているため、

主人公と若宮の役割分担も、ハッキリと見え始めた。

おかげで

主人公の洞察力、聡明さ。。。そして奇抜さが、際立っている感じだ

その一方で、ありがちな無駄なキャラ表現などが、皆無に近く。

“物語”を見せて、魅せることを優先させていますね。


“イマドキ”な要素をシッカリと盛り込み現代風にしているだけでなく。

ローカライズも丁寧に行われている。

なかなか良く出来ているリメイクである。


見事な脚本。そして、それをくみ取った演出だと言えるだろう。


個人的に、もっとも好感を持てたのは。

前回ほど《モンテ・クリスト伯》《レ・ミゼラブル》のニオイがしないこと。

このあたり。。。ゲストが菅野美穂さんだったから。。。。

かもしれませんけど。演出が前回と違うからかな。

今回くらいだと。。。それこそ、他局の“木曜ミステリー”でも

通用する雰囲気である。

何が言いたいかというと。

クセが強くないと、作品としての個性が失われかねないが、

今回程度だと。。。場合によっては、シリーズ化出来るくらいの

数字を取ることが出来るかもしれないというコトだ。

そう。番宣次第で、もっと評判になるかもしれない。。。。。。。かもね(笑)


でも、もうちょっと、前回寄りでも良いかな。。。。

TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5511.html






最終更新日  2019年10月14日 22時58分49秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.