19812315 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

4分間のマリーゴー… New! はまゆう315さん

頭のいいお金の使い… New! クルマでEco!さん

合同引退試合 New! YOSHIYU機さん

劇場鑑賞「エンド・… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ええよぉ>『スカー… New! ひじゅにさん

【紅白】出場歌手決… ショコラ425さん

とても大事な話「ゲ… 鹿児島UFOさん

見つかった~(^^♪ 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2019年10月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
渋谷の空き家で、男性の遺体が発見された。
江藤(佐々木蔵之介)から“つまんねぇ”と言われ、
気になった獅子雄(ディーン・フジオカ)は、現場へと向かう。
いわくつきの物件で、5年前、地面師詐欺事件で被害に遭った建設会社社長。
被害者が、邸内で自殺していた。それからは、空き家に。
遺体があった場所で、獅子雄は木の枝がある事に気付く。その断面は新しかった。

その後の調べで、遺体の身元が判明する。
地面師詐欺グループのひとり・吉野正夫(六平直政)だった。
その遺体安置室に、捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)がやって来る。
グループで唯一逮捕出来た犯人だという。未だ、取られた21億は見つからず。
主犯の守谷に渡ったらしいことは分かっていた。
家の持ち主・坂東庄之助は、高級老人ホームにいて、悠々自適の生活。
ここ数ヶ月、建物から出ていないことも確認されていた。
大邸建設社長の妻は入院中。子供はいなかった。

当時、案件を持ち込んだ営業マンの古田和人(岡田義徳)に
事情を聞きに行く獅子雄。屋敷近くで目撃情報があったからだった。
しかし、知らないと言うばかり。ただ妙な印象を受ける。

そんななか、出所した吉野が、
坂東家の元家政婦・細川保奈美(山口いづみ)に連絡をとっていたと分かる。
若宮(岩田剛典)に話しを聞きに行かせたところ、謝罪に来たという。
保奈美は、吉野が家の持ち主役で犯人グループに利用されたと慰めたようで。。。

古田に13億の大きな契約があると知った獅子雄は、古田に揺さぶりをかける。
すると、5年前のコトは現在の会社には言っておらず。
不安がある事も伝えていないと打ち明けてくる。
家の持ち主・斎藤順子(山村紅葉)に、妙な印象を受けていると。。。。

敬称略


脚本は、井上由美子さん

演出は、永山耕三さん



そっか。。。。“守谷”なんだ。。。なるほどね。

知っている人は知っているとおり、

今後、関わり続ける人物であろう。



先ず初めに。。。。あり得ん。

第3話で、3人目の演出である。

そこはとりあえず横に置いて置くが。

脚本の素晴らしさだろうか。

徹底的な作り込みが見えて、面白いですね。

ミスリードも、シッカリ為されているし。

イマドキの案件や、要素を盛りこんでいるのも、秀逸だ。

“リメイク”“ローカライズ”は、センスが物を言いますから。

センスの良さが見える脚本である。


そして、ほんとに素晴らしいのは、

これまでの2話と同じく、そんな秀逸な脚本に応えている演出と俳優。

見事としか言いようが無い。

緩急の付け方も、今回が第1話、第2話より、バランスがとれている。

あ。。。第1話、第2話が、ダメだったわけでは無く。

ちょっとした、バランスの問題。

スタッフが、どこまで作品の“らしさ”を押し出すか?押し出さないか?

なのである。

3人目で、ちょうど良い感じか。



とはいえ。

キャスティングで、ある程度、先が見えたのは、少しだけ引っかかったが。

ここは、もうちょっと、人を揃えても良かったかもね。

ま、満足度が高くなっているので、

これくらいが、良いのかもしれません。



あ。。。。。。褒めてしまった。

じゃあ、ひとつだけ、不満を。

助手のふたり。。。。必要ですか?

刑事がいれば成立するんじゃ?刑事にも相棒がいるし。

このふたりだけで、成立するよね?

そうなると。。。。主人公の助手が消滅して、

モデルとは違ってしまうんですけどね。

だったら、もっと、ホントの意味で利用すべきじゃ?

もしくは、刑事を利用しないようにすべきじゃ?

初回から、気になっていることである。


TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5530.html






最終更新日  2019年10月21日 22時01分56秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.