20287351 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

今日はいろんなこと… New! 俵のねずみさん

夕日と人参>『スカ… New! ひじゅにさん

ケイジとケンジ  … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

前里研究所 新年会ト… New! 鹿児島UFOさん

大坂なおみ 2回戦突… New! クルマでEco!さん

【麒麟がくる】第1回… ショコラ425さん

劇場鑑賞「イントゥ… BROOKさん

マルテ>糸井>福留… YOSHIYU機さん

2020年謹賀新年 鉱泉さん

2019年12月09日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「夢は一緒に」
内容
喜美子(戸田恵梨香)を抱き寄せる八郎(松下洸平)
その姿を常治(北村一輝)は目撃、すぐに常治は八郎を殴り飛ばすのだった。
喜美子は説明をしようとするが、常治は聞く耳を持たず。

その後、信作(林遣都)の手引きで、八郎の元を訪ねる喜美子。

敬称略


演出は、小谷高義さん


好意的に、脳内補完しようとしているのに。

どうしても違和感を感じる始末。

抜け落ちている部分が多すぎるんですよね。

先週。。。本来、陶芸に興味を持ち、やがて、真剣な八郎に興味を持つ。

ハズだったが。。。

陶芸に興味を持ったのは一瞬で。ずっと八郎に興味、好意を向けていた。

そんな状態で、今週だからね。

そら。一目惚れで。。。って。。。理解出来ないわけじゃ無いけど。

じゃあ、この流れで、陶芸は?ってコトになる。

正直、結婚しようが、どうなろうが、そんなことどうでも良いのだが。

現在の流れから、陶芸家になるのは、無理があると言う事だ。

それこそ、“ホンモノの陶芸家”でも登場しない限り。

もちろん劇中での話ですが。


そこはともかく。

そういや、抜け落ちていると言えば、先々週だって、そうだったね。

フカ先生とのくだりだ。

新しい登場人物の説明も兼ねているためか。

妙なシーンが、多数、含まれており。

本来の流れ。。。。一本筋は通ってるが。

途中、途切れまくっていた。

ギリギリ、脳内補完出来るレベルだったが、

それでも、番宣の番組ほど、、、祭りは意味が無かったし。

それこそ、フカ先生との関係性も、

それまでの描写から考えると、かなり雑だった。


ま。。。前者も、後者も。

演出家が。。。っていう可能性が、かなり高いとは思います。

そのため、その前後の週と繋がりが無くても、無視することは出来たのだ。

が、問題は、、

その1週間だけで、流れが歪で、破綻してしまっていることだ。

周りからの補強も、雑だったし。

丁寧に描いているつもりでも、

この程度ならば、1週間の内容を、

ナレーションを上手く混ぜれば、1回15分で表現出来る程度の内容しか無い。


例えば、今回にしても同じ。

延々と描いているけど。アバンだけで十分だろう。

あとは、ただの無駄話に近い。時間の無駄遣いだ。

それこそ。。。常治とのくだり、八郎とのくだりを描くならば。

いっそのこと、母や妹とのくだりを、シッカリ描く方が、

常治との対比も出来て、“家族の気持ち”が、ハッキリ見え、

“ホームドラマ”としては、よくなった可能性が高い。

この無駄遣い。。。のような描写は、

どうせ、“月曜”だけじゃなく、

他の曜日でも、次への展開のために、やるのは確定的だからだ。

だから、時間の無駄。ってことである。



ほんと、12月に入ってから、ほころびが出始めているね。

いや、八郎が出てからかな。

もっと丁寧に描いていれば、違っただろうに。

関係性の始まりで破綻させて、どうするんだよ。

“連ドラ”なのに。


脚本が、息切れしてきたかな。

演出も。。。疲れが出てきて。。。。(笑)


TBは以下のミラーへお願いします

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-5635.html






最終更新日  2019年12月09日 07時51分31秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.